情報共有システム・コミュニケーションツールに関する製品の情報・比較

情報共有システム・コミュニケーションツール

情報共有システム・コミュニケーションツールに関するセミナーやニュース、製品情報やサービスの情報・比較 情報共有システム・コミュニケーションツール

基礎解説情報共有システム・コミュニケーションツールとは?
情報共有システム・コミニュケーションツールとはその名の通り、企業内あるいは顧客企業や協力会社との間で、様々な情報や業務ファイルを共有したり、よりスムーズな情報流通を図ってコミュニケーションの円滑化を実現したりするためのシステムやツールのこと。具体的には、企業内に散在するアプリケーションや情報資産に対して容易にアクセスするために、シングルサインオン機能や個人ごとにパーソナライズする機能を提供する「EIP(企業情報ポータル)」、複数の利用者がネットワークとコンピュータを利用して、オフィス内の情報を公開/共有/活用するための「グループウェア」、遠隔地にいるユーザ同士でビデオモニタを介した会議を実現するための「ビデオ会議」、企業内あるいは個々のエンドユーザが保有する様々な業務ファイルを社内もしくはグループ企業、さらには顧客企業や協力会社と共有する「ファイル共有」の仕組みなどが挙げられる。

情報共有システム・コミュニケーションツールの製品一覧・比較へ

情報共有システム・コミュニケーションツールに関する製品や資料情報を、カテゴリから絞り込む

情報共有システム・コミュニケーションツールと一緒に検討すると便利な製品をカテゴリから探す

情報共有システム・コミュニケーションツールの新着製品

現場の負担なくFAX受注をクラウド化、受注業務を効率化するシステムの効果とは

現場の負担なくFAX受注をクラウド化、受注業務を効率化するシステムの効果とは 【エディックワークス】

FAXで受注業務を行う企業の多くでは、紙文書運用に多くの労力を割かれ、生産性が低下してしまっている。その解決策として、FAXシステムのクラウド化が注目されている。

FAX受注業務の「ここがつらい」 現場の10大課題を解消する方法とは?

FAX受注業務の「ここがつらい」 現場の10大課題を解消する方法とは? 【エディックワークス】

紙ベースのFAX運用には、受領返信の手間や紛失のリスクなど、悩みが尽きない。業務効率に直結するこれらの「困った!」をピックアップし、解決策を提案する。

京都府の若手職員による新たな挑戦、ジブンゴトとしての働き方改革とは

京都府の若手職員による新たな挑戦、ジブンゴトとしての働き方改革とは 【シスコシステムズ】

保守的で新規取り組みに消極的とみられがちな自治体。だが京都府は若手を中心にITツールの普及啓発などジブンゴトとして働き方改革を推進した。変革の波はどう起きたのか。

情報共有システム・コミュニケーションツールの最新特集

情報共有システム・コミュニケーションツールの市場シェア情報

2017/05/23

その他情報共有システム関連

出典
MM総研「Web統合電話帳アプリケーション市場の概況(2016年末)」2017年4月6日
「Web統合電話帳アプリケーション」シェア【シェア情報アーカイブ】
働き方改革の中でコミュニケーション基盤の更新とともに「Web電話帳」の導入が広がっている。事業者のシェアは?

2017/02/07

文書管理

出典
株式会社富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2016年版(上巻)」2016年07月07日発刊
「文書管理」シェア【シェア情報アーカイブ】
2016年度の市場規模は約160億円と見込まれる文書管理市場。大手を中心に4分の1のシェアを握るトップベンダーは?

2017/01/10

グループウェア

出典
富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2016年版(上巻)」2016年07月07日発刊
「グループウェア」シェア【シェア情報アーカイブ】
2016年度のグループウェアの市場規模は1047億円と見込まれる。SaaS型製品で71.3%ものシェアを占めた1位のベン…

2015/12/01

グループウェア

出典
株式会社富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2015年版(上巻)」
「グループウェア」シェア【シェア情報アーカイブ】
2015年度は、パッケージが215万ID、SaaSが660万IDと見込まれた同市場。パッケージ、SaaS市場のシェア率1…

2015/10/06

文書管理

出典
株式会社富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2015年版(上巻)」
「文書管理ツール」シェア【シェア情報アーカイブ】
2015年度は115億円規模だった文書管理ツール市場。大企業を中心に導入が進む中、17%の占有率を獲得した1位ベンダとは…

2015/08/04

テレビ会議/ビデオ会議

出典
株式会社シード・プランニング「ビデオコミュニケーション市場の市場予測」
「ビデオ・Web会議」シェア【シェア情報アーカイブ】
2014年は、436億万円の市場規模が推定されるビデオコミュニケーション市場。ビデオ・Web会議それぞれの占有率1位ベン…

情報共有システム・コミュニケーションツールの最新セミナー情報

情報共有システム・コミュニケーションツールに関するセミナーをご紹介しています。

情報共有システム・コミュニケーションツールの最新ニュース

情報共有システム・コミュニケーションツールの導入事例

キーマンズネットとは
IT基礎講座

内山信二が行く!オフィス訪問記

池澤あやかとミライを試そう!

Key Conductors

ページトップへ