ナレッジマネジメントに関する製品の情報・比較

ナレッジマネジメント

ナレッジマネジメントに関するセミナーやニュース、製品情報やサービスの情報・比較 ナレッジマネジメント

基礎解説ナレッジマネジメントとは?

ナレッジマネジメントとは、個々の従業員が持つ暗黙知や企業内に散在する様々な情報を全社レベルで共有し、売上や利益の向上に結び付けようするマネジメント手法のこと。ナレッジマネジメント実現のためにはITの活用が必要不可欠だが、専用ツールの他、文書管理ツールやグループウェアの一機能として提供されている場合もある。

ナレッジマネジメントの製品一覧・比較へ

ナレッジマネジメントの最新特集

ナレッジマネジメントの最新ニュース

ナレッジマネジメントの導入事例

  • ソルクシーズ

    Cloud Shared Office 導入事例集

    「取引先から預かったデータを安全かつ半永久的に保管」している出版企業と、「海外拠点とセキュアに文書共有」している保険企業における導入事例の紹介。

  • CBIT

    大和ライフネクスト株式会社(不動産管理業):導入事例

    社内の様々な情報を合理的に集約・活用する目的で“ナレッジリング”を導入。決め手は検索性の高さと操作性の良さ。導入後は非常に高い頻度でユーザに活用されています。

  • オーシャンブリッジ

    Brava ユーザ導入事例「SAPREF」

    南部アフリカ最大の原油精製所であるSAPREFは、数万の図面の検索や参照に課題があり、マルチファイルビューアの導入を検討。Bravaが解決に導いた海外事例の紹介です。

  • 北都システム

    HOTシリーズ使い方事例集

    業種業態関わらず、様々な企業に利用されているHOTシリーズ。実際に利用している企業のシーンごとの導入事例をまとめました。

基本機能ナレッジマネジメントの基本機能とは?
ナレッジマネジメント実現のために必要な機能としては、主に以下の3つが挙げられる。
●データ蓄積機能
個人や企業システムに分散している様々な情報を収集し、蓄積する機能。具体的にはデータウェアハウスが挙げられるが、文書管理ツールやグループウェアのデータベース機能が利用される場合もある。

●データ分析機能
収集、蓄積した情報を分析して、現状の見える化や将来予測を行うための機能。BIやBAの実現に繋がるものである。

●情報共有基盤
収集した情報や分析した結果を、従業員の間で共有するための機能。一般的には企業ポータルやグループウェア、文書管理ツールなどが利用される。
導入メリットナレッジマネジメントの導入メリットとは?
ナレッジマネジメントの導入メリットとしては、主に次の2つが挙げられる。
●暗黙知/形式知の共有化
個人や企業内に眠る色々なタイプの情報を収集して可視化し、必要に応じて分析/加工することで、ビジネス活動に有用となる様々な知恵を共有することが可能となる。

●業績の向上
これまで個人の中だけ、あるいは企業内に分散していた様々な情報や知恵を共有することで、ビジネス活動をより効率的、かつ効果的に進めることが可能となり、売上や利益のアップなどの効果までを期待することができるようになる。
キーマンズネットとは

ページトップへ