ファイル転送に関するニュース、製品情報やサービスの情報・比較

ファイル転送

ファイル転送に関するセミナーやニュース、製品情報やサービスの情報・比較 ファイル転送

基礎解説ファイル転送とは?

ファイル転送ツールとは、企業内の拠点間あるいは顧客企業や協力会社との間で、セキュリティを確保しながら大容量の業務ファイルを送受信する仕組みを提供するツールのこと。ファイルの送信元からは専用サーバに送信したいファイルをアップロードし、ファイルの受信側は同じ専用サーバにアクセスして目的のファイルをダウンロードするという方法を採る形になる。

ファイル転送の製品一覧・比較へ

ファイル転送の最新特集

ファイル転送の市場シェア情報

2011/10/04

ファイル転送

出典
株式会社アイ・ティ・アール「ITR Market View:SOA/連携ミドルウェア市場2011」
「国内ファイル転送」シェア【シェア情報アーカイブ】
2010年度、出荷金額が前年比10.7%増となった「国内ファイル転送」。2011年度も市場拡大が予測される同製品のシェア…

ファイル転送の最新ニュース

ファイル転送の導入事例

  • Skeed

    ポストプロダクション導入事例

    第27回アカデミー賞最優秀録音賞を受賞するなど輝かしい実績を持つアオイスタジオでのSilverBullet for File Messenger(旧名称:SkeedFileMessenger)導入事例をご紹介。

  • プロット

    13社のSmooth File 活用事例集

    建設業・製造業・印刷業・情報通信業・映像制作業・サービス業13社の活用事例。導入決定のポイントや導入後の効果をインタビュー形式で記載。選ばれる8つのポイントも掲載

  • セゾン情報システムズ

    HULFT-WebFileTransfer 導入事例 富士重工業 産業機器カンパニー

    サプライヤへの部品発注システムをHULFT-WebFileTransferを軸に内製で構築。旧SaaS型のサービスと比較して45%のコストを削減した導入事例。

  • 日立ソリューションズ

    株式会社日立製作所 都市開発システム社 導入事例

    グローバル展開にともない増えてきた図面データや資料の安全・確実な受け渡し方法として本製品を導入。海外と2GBを超える大容量CADデータ授受を安全に実現。

基本機能ファイル転送の基本機能とは?
ファイル転送ツールの提供する機能としては、主に以下の4つが挙げられる。
●ファイル送信時のセキュリティ設定機能
送信するファイルを選び、必要に応じて相手先へのメッセージを入力するが、このメッセージもファイルと共にSSLで暗号化されてサービス業者のサーバにアップロードされる。

●誤送信予防機能
製品によってはファイルをアップロードした後、ツール側から送信者に対して送信の可否を確認する運用フローを設定できる機能を提供している。

●ファイル受信機能
ファイル受信側には受信通知メールが届き、該当URLをクリックして受信用の画面を表示し、送信者から伝えられたパスワードを入力することで、目的のファイルをダウンロードすることができる。

●送信履歴管理機能
送信履歴をユーザだけでなく管理者がツールの標準機能を利用して管理することができる。送信ファイルそのものをアーカイブして保管できるツールもある。
導入メリットファイル転送の導入メリットとは?
ファイル転送ツールを導入するメリットとしては、主に次の3つが挙げられる。
●企業内/企業間での安全かつ効率的な情報送受信の実現
ファイル送信ツールは通信経路のSSL暗号化、暗号化された状態での保管、利用者権限のポリシー運用、送信履歴の記録と監査といった機能を備えている。送信手段も一本化できるため、管理工数がかからず、運用設計により業務効率を従来よりも向上できる可能性が高い。

●多数ユーザ/大量ファイル送信に対応し、ログ監査の送達確認も可能
メールサーバやファイルサーバの増強の必要なく、多数ユーザによる大量の大容量ファイル送信が可能になり、ログあるいは送信内容を取得/保管しておくことにより監査への対応が可能になる。

●送信/受信の権限や条件を制限できるため、ポリシーに従って運用できる
送信者の権限、受信者の条件を絞り、会社のポリシーに準じた送信しかできないように制限ができる。
キーマンズネットとは

ページトップへ