「プロジェクト管理」に関する製品情報やサービスの比較・事例、セミナーやニュース

プロジェクト管理

プロジェクト管理ツールは、経営層や経営企画部、プロジェクトメンバーといった関係者が各々の立場で必要な情報を迅速に入手し、問題があれば必要な対処をとり、その過程や結果を共有可能にするソフトウェアのこと。プロジェクト遂行時における案件情報の登録、費用対効果の判断、計画立案、実行、管理の各フェーズを支援する。

プロジェクト管理の新着カタログ

プロジェクト管理の新着事例

プロジェクト管理の新着セミナー

顧客の期待に応えるソリューション構築のためのビジネス分析手法

ラーニング・ツリー・インターナショナル株式会社

2019/03/14(木)09:30~2019/03/15(金)18:00

  • 東京都
  • 有料
  • 定員20名
  • 情報共有システム・コミュニケーションツール

はじめてのスクラム【1日間・6PDU】

ラーニング・ツリー・インターナショナル株式会社

2019/02/25(月)10:00~17:00

  • 東京都
  • 有料
  • 定員20名
  • 情報共有システム・コミュニケーションツール
  • 開発

はじめてのスクラム【1日間・6PDU】

ラーニング・ツリー・インターナショナル株式会社

2018/12/07(金)10:00~17:00

  • 東京都
  • 有料
  • 定員20名
  • 情報共有システム・コミュニケーションツール
  • 開発

上級プロジェクトマネジメント 【3日間・21PDU】

ラーニング・ツリー・インターナショナル株式会社

2019/01/23(水)09:30~2019/01/25(金)18:00

  • 東京都
  • 有料
  • 定員20名
  • 情報共有システム・コミュニケーションツール

プロジェクト管理の市場シェア情報

プロジェクト管理の新着記事

プロジェクト管理の新着ホワイトペーパー

プロジェクト管理の基本機能とは?

プロジェクト管理ツールの提供する機能は、主に以下の4つが挙げられる。
●スケジュール作成機能
タスク一覧を入力した後、タスクの階層構造と前後関係を設定することで、さまざまなシミュレーションを行うことができる。

●進捗管理機能
プロジェクトが開始された後、作業実績などの最新情報を入力していくことによって、遅延が発生していないかどうか確認し、遅延が発生した場合には、どのように計画を変更すればよいかなどの判断を迅速に行うことができる。

●コスト管理機能
予実を管理し、全体コストをいち早く把握する機能。プロジェクトメンバーもしくはマネージャが日々工数を入力することで、原価マスタに反映され、かかっているコストを表示することが可能。

●レポート作成機能
プロジェクト、予算、工数の一覧表、集計表など、出力対象と各種条件を設定することにより様々なタイプのレポートを作成するための機能がサポートされている。

プロジェクト管理の導入メリットとは?

プロジェクト管理ツールの導入メリットとしては、主に次の6つが挙げられる。
●実施状況の把握と迅速な修正
どこで何が起こっているのかを常に把握し、目標に向かって即対処できる。

●データとノウハウの蓄積と利用
全体を同じフォーマットで管理することができる。また標準プロセスとして整備することにより、組織の能力向上につながる。

●情報の見える化
内部状況がよく把握できるようになり、経営施策への理解も高まる。また、プロジェクト従事者への監視機能としても期待できる。

●納期の遵守
プロジェクトの進捗を加味した再計画をタイムリーに行うkとができるようになり、納期を遵守できる。

●作業の抜けや仕様の漏れの撲滅
過去に実施した類似の計画を参照して、作業の漏れがないことを確認したり、作業を網羅した作業一覧を作成したりすることで品質を維持できる。

●コスト超過の防止
製造方法や配置計画の変更等の方策により効率的に問題に対処することができ、コスト超過を回避できる。