開発に関するセミナーやニュース、製品情報やサービスの情報・比較

開発

開発に関するセミナーやニュース、製品情報やサービスの情報・比較 開発

基礎解説開発とは?
ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大にともない、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレータが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。
一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアにかかるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守にかかるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

開発の製品一覧・比較へ

開発に関する製品や資料情報を、カテゴリから絞り込む

開発の新着製品

APIとは何なのか?注目を集めている背景から活用のヒントを探る

APIとは何なのか?注目を集めている背景から活用のヒントを探る 【CA Technologies+他】

自分たちの発想だけで新しいアプリやサービスを生み出すには限界がある。こう考える企業が増えている。カギを握るのは「API」だ。APIとは何なのか? 活用のヒントを探る。

“AIっぽい”サービスを作る! Web APIからパーツを簡単呼び出し

“AIっぽい”サービスを作る! Web APIからパーツを簡単呼び出し 【日本マイクロソフト】

これまでハードルの高かったAIの構築や導入を、パーツ化することで比較的簡単に行えるようになった技術の紹介。AIの動きを用意に取り入れられる手法として注目されている。

コンテナの価値は突き詰めれば2つ「生成の早さ」「再現の高さ」

コンテナの価値は突き詰めれば2つ「生成の早さ」「再現の高さ」 【日本マイクロソフト】

次世代の高速開発を行う基盤の1つとして注目されている「コンテナ」について、詳細に解説した講演資料。従来の開発基盤との違いやメリットについても紹介している。

基礎解説:次のビジネスに不可欠な「API公開」のポイントとは?

基礎解説:次のビジネスに不可欠な「API公開」のポイントとは? 【オージス総研+他】

デジタルビジネスの推進に不可欠な「API」の、技術や活用方法などについて基礎から丁寧に解説した資料。導入支援についても紹介されており、導入の一助となる。

開発の市場シェア情報

2009/10/27

開発環境/BaaS

出典
株式会社富士キメラ総研「2009 パッケージソリューション・マーケティング便覧」
「統合開発環境」シェア【シェア情報アーカイブ】
開発案件減少により厳しさが増す統合開発環境市場。今後はSaaS開発案件が市場牽引役になると期待される同製品のシェア情報を…

2008/09/16

開発ツール

出典
株式会社アイ・ティ・アール「ITR Market View:開発支援市場2008」
「UML」シェア【シェア情報アーカイブ】
2007年度の国内出荷金額が前年比9.9%増の9億円、2008年度も前年比13.3%増と見込まれ、拡大傾向にある「UML…

2008/08/19

テストツール

出典
株式会社富士キメラ総研「2008 パッケージソリューション・マーケティング便覧」
「テストツール」シェア【シェア情報アーカイブ】
大規模基幹システムのWeb化やJ-SOX法によるシステム刷新が追い風となり、市場拡大傾向にある「テストツール」シェア情報…

2008/05/13

テストツール

出典
株式会社ミック経済研究所「アプリケーション・ライフサイクル・マネジメントの市場展望2008」
「負荷テストツール」シェア【シェア情報アーカイブ】
2006年度出荷金額が前年比6%増の17.3億円。2007年度は更に12.1%の伸びが予測される「負荷テストツール」のシ…

開発の最新ニュース

開発の導入事例

  • インテリジェント ウェイブ

    Checkmarx CxSuite 導入事例

    「Checkmarx CxSuite」の導入事例。SIer、交通インフラ、生命保険、ソーシャルゲーム制作より事例をピックアップし、ポイントを紹介。

  • Future Facilities

    電子機器熱設計者向け6SigmaET事例

    【解析事例】6SigmaETを用いた電子機器の熱設計事例です。

  • サピエンス・ジャパン

    JA石川電算センター

    ●画面数3500、テーブル数2800規模のシステムを「Sapiens」で構築(平成23年3月時点)
    ●年間、約200画面、200テーブルの新規追加開発の実施で19人月で対応

  • ニューコム

    富士ゼロックスなど8社の導入事例

    富士ゼロックス(請求書管理)、ウシオ電機(販売見通計画)、紀文食品(品質検査管理)、一宮運輸(国際物流顧客実績管理)など、8社の事例を紹介。

キーマンズネットとは
IT基礎講座

内山信二が行く!オフィス訪問記

池澤あやかとミライを試そう!

Key Conductors

ページトップへ