開発ツールに関するセミナーやニュース、製品情報やサービスの情報・比較

開発ツール

開発ツールに関するセミナーやニュース、製品情報やサービスの情報・比較 開発ツール

基礎解説開発ツールとは?

ここでの開発ツールとは、ソフトウェア開発者がプログラムやアプリケーションを作成・デバッグ・保守・サポートするためのソフトウェアのこと。開発ツールは以下のようなカテゴリに分類できる。
・性能解析ツール:プログラムの実行効率などを調べる。
・デバッグツール:コーディングミスなどを調べる。
・ソフトウェアテストツール:正常に動作するか調べる。
・統合開発環境:プログラムの作成を支援する。

開発ツールの製品一覧・比較へ

開発ツールの最新特集

開発ツールの市場シェア情報

2008/09/16

開発ツール

出典
株式会社アイ・ティ・アール「ITR Market View:開発支援市場2008」
「UML」シェア【シェア情報アーカイブ】
2007年度の国内出荷金額が前年比9.9%増の9億円、2008年度も前年比13.3%増と見込まれ、拡大傾向にある「UML…

開発ツールの最新ニュース

開発ツールの導入事例

  • サピエンス・ジャパン

    JA石川電算センター

    ●画面数3500、テーブル数2800規模のシステムを「Sapiens」で構築(平成23年3月時点)
    ●年間、約200画面、200テーブルの新規追加開発の実施で19人月で対応

  • ニューコム

    富士ゼロックスなど8社の導入事例

    富士ゼロックス(請求書管理)、ウシオ電機(販売見通計画)、紀文食品(品質検査管理)、一宮運輸(国際物流顧客実績管理)など、8社の事例を紹介。

  • エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート

    「IM-BIS」を活用した基幹システム更改事例 NTTデータMSE

    現場の情報をいち早くキャッチし「次の一手」を打つ! スマートデバイスとBPMでマネジメントシステムを構築し、経営判断スピードの向上を実現した事例。

  • マイクロラボ

    XCute 導入事例集

    700社以上の導入実績をもつ「XCute」。その導入企業が導入に至った背景、選定ポイント、導入効果を紹介した事例集です。

基本機能開発ツールの基本機能とは?
例えば、統合開発環境の基本機能には以下のようなものがある。
●コンパイラ
プログラミング言語で書かれたソースコードを、機械語またはバイトコードなどの中間言語によるオブジェクトコードに変換(コンパイル)するプログラム。コンパイルはビルドの一工程である)。直接バイナリを出力するものもあるが、コンパイラはアセンブリ言語によるコード(アセンブリ ソース)を出力し、さらにアセンブラを呼び出すコンパイラも多い。
●テキストエディタ
ソフトウェアのソースコードを作成、編集、保存するためのソフトウェアである。一般的に、文字情報の入力、削除、コピー、貼り付け、検索、置換、整形などの機能を備えている。
●デバッガ
デバッグを支援するソフトウェア。対話的に利用者がプログラムを動作させたり、プログラムが使っている変数等を表示させる機能がある。
導入メリット開発ツールの導入メリットとは?
例えば、統合開発環境の導入メリットには以下のようなものがある。
●バージョン管理が可能
ソフトウェア開発者は、ソースコードを管理するのにCVS、VSS、Subversionなどといったバージョン管理ソフトを使うが、統合開発環境では、これらをひとつの環境から透過的に使えるものが多い。これにより、ひとつのUIから簡単にバージョンを戻したりすることができる。
●GUIの作成が容易
GUI を持つソフトウェアの開発を行う際、ソースコード上でGUIの定義を作成するのは手間がかかる。そこで、多くの統合開発環境では、GUIの開発を統合開発環境上でグラフィカルに行うことができるようにしてある。これにより、簡単にGUIを持つソフトウェアを開発することができるようになり、また、管理も一括して行えるようになる。
●チーム開発の効率アップ
チームで開発を行う際、統合開発環境を各個人が利用することによって、ソースコードの連携や、別の開発者によるソースコードの修正などが行いやすくなる。これにより、共同開発する際のソースコードのバグ混入を防いだり、長期に渡る開発が可能になる。
キーマンズネットとは

ページトップへ