データ分析に関するセミナーやニュース、製品情報やサービスの情報・比較

データ分析

データ分析に関するセミナーやニュース、製品情報やサービスの情報・比較 データ分析

基礎解説データ分析とは?
データ分析とは、企業内に散在する各種ビジネスデータや、Twitter/Facebookなどのソーシャルメディア、さらにはセンサーデータを対象にデータ探索/分析を行い、ビジネス上の課題解決に繋がるヒントや新たなビジネスパターンを発見しようという考え方。精度の高いデータ分析を行うことで、業績の拡大や新しいビジネスモデルの構築を実現することが可能となる。データ分析を実現するためのITソリューションとしては、各種の業務システムから必要なデータを抽出/変換/格納するための「ETLツール」や、収集したデータを時系列に沿って上書きすることなく蓄積していくための「データウェアハウス」、データを分析するための「BIツール」や「BAツール」、各種ソーシャルメディア上の自由な発言から企業活動に意味のある情報を抽出し、分析するための「ソーシャルメディア分析ツール」などが挙げられる。

データ分析の製品一覧・比較へ

データ分析に関する製品や資料情報を、カテゴリから絞り込む

データ分析の新着製品

Pythonと強力連携、機械学習でのデータ活用を楽にするBIプラットフォームの実力

Pythonと強力連携、機械学習でのデータ活用を楽にするBIプラットフォームの実力 【マイクロストラテジー・ジャパン株式会社】

AI/機械学習では雑多な事前作業やPythonなどの知識も求められ利用のハードルが高い。こうした課題を解決する、Webブラウザ上で動作するBIプラットフォームの実力とは?

APIで拡張性アップ、10の成功事例に学ぶ“組み込み型”分析機能の導入効果

APIで拡張性アップ、10の成功事例に学ぶ“組み込み型”分析機能の導入効果 【クリックテック・ジャパン】

開発者が柔軟に構築や拡張を行うことができ、APIとの組み合わせで広範なニーズに応える“組み込み型”分析機能。10の組織の活用事例から、その具体的なメリットを探る。

アナリティクス現場活用の勘所を、IT企業・顧客企業・従業員の視点から考える

アナリティクス現場活用の勘所を、IT企業・顧客企業・従業員の視点から考える 【クリックテック・ジャパン】

現場がアナリティクスを使いこなす環境を実現した企業は、何を重視していたのか。本資料では、IT企業、顧客企業、その従業員をそれぞれ調査し、現場活用の勘所を探った。

従来のBIの枠を超える、「組み込み型アナリティクス」に求められる機能とは?

従来のBIの枠を超える、「組み込み型アナリティクス」に求められる機能とは? 【クリックテック・ジャパン】

データ主導型意思決定のニーズが増大する中、ISVにとって、製品にアナリティクス機能を組み込むことの重要性が増している。その実現のために、どんな手法を選ぶべきか。

データ分析の市場シェア情報

2016/05/17

BI

出典
株式会社富士キメラ総研「2015 センサーデバイス/ビッグデータ・IOT市場調査総覧(下巻)」
「BI・可視化ツール」シェア【シェア情報アーカイブ】
2015年は263億円の市場規模だった同市場。データの蓄積と分析とのソリューション提供に注力する占有率1位を獲得したベン…

2016/04/26

データ分析ソリューション

出典
株式会社富士キメラ総研「2015 センサーデバイス/ビッグデータ・IOT市場調査総覧(下巻)」
「分析・マイニングツール」シェア【シェア情報アーカイブ】
2015年度の市場規模は184億5000万円。パッケージ市場が158億5000万円、SaaS市場が26億円の出荷金額だっ…

2015/02/24

BA

出典
IDC Japan 株式会社プレスリリース「国内主要BAソフトウェアベンダーの競争力分析結果を発表」2015年1月6日
「BA(ビジネスアナリティクス)」シェア【シェア情報アーカイブ】
前年比7.7%増の1621億1600万円規模となった2013年の国内BAソフトウェア市場。BAへの関心が高まる中、シェア…

2014/02/25

BI

出典
株式会社ノークリサーチ「2013年中堅・中小企業における「DWH・BI」の利用実態とユーザ評価に関する調査報告」
「中堅・中小企業向けDWH・BI」シェア【シェア情報アーカイブ】
利用端末環境として、スマートフォンやタブレット型端末が増加する同市場。拮抗する上位3社のベンダとは?必見です。

2013/12/17

BI

出典
株式会社富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2013年版」
「BIツール」シェア【シェア情報アーカイブ】
データ量が増える中、高速なDBアプライアンス製品の導入による基盤系システムの再構築とともに導入が進む同市場の1位は?

2012/10/30

DWH

出典
株式会社富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2012年版」
「DWHアプライアンス」シェア【シェア情報アーカイブ】
景気回復とともに投資が増え拡大した同市場。特定業務のビジネスアナリティックのための技術力などが評価され1位になったのは?

データ分析の最新セミナー情報

データ分析に関するセミナーをご紹介しています。

データ分析の最新ニュース

キーマンズネットとは
内山信二が行く!オフィス訪問記

池澤あやかとミライを試そう!

Key Conductors

ページトップへ