ETLに関するセミナーやニュース、製品情報やサービスの情報・比較

ETL

ETLに関するセミナーやニュース、製品情報やサービスの情報・比較 ETL

基礎解説ETLとは?

ETLとは、Extract(抽出)、Transform(変換/加工)、Loading(格納)の各頭文字を取った用語で、データウェアハウスを構築する時に、基幹系システムなどからデータを集める一連のデータ処理のことを指す。ただし現在では、データウェアハウスに限らず、分散して存在する大量データを1つにまとめる時のデータ処理あるいは情報流通に関わる作業でもETLという言葉が使われており、ETLツールが適用される場面の広がりとともに、ETLもデータ統合という広い意味で使われるようになってきている。

ETLの製品一覧・比較へ

ETLの市場シェア情報

2008/01/15

ETL

出典
株式会社ミック経済研究所「UNIX・Windows対応ミドルウェアパッケージソフトの市場展望【CRM・BI編】 2007年度版」
「ETLパッケージ」シェア【シェア情報アーカイブ】
ミック経済研究所によると、2007年度は21.6%増と高い伸びが予想されるETLパッケージシェアをご紹介!

ETLの最新ニュース

基本機能ETLの基本機能とは?
ETLツールの提供する機能は、主に以下の5つが挙げられる。
●抽出機能(Extract)
統合すべきデータを管理している各種データベースやファイルにアクセスし、データを抽出する機能。

●変換機能(Transform)
複数のデータソースから抽出して集めたデータを統合し、必要なコード変換や変更、加工処理をデータ定義に沿って行う機能。

●クレンジング機能
基幹系データの持つ参照整合性エラーなどを修正して、データウエアハウスへのロードを可能にする機能。

●ロード機能(Loading)
変換、加工を終えたデータをデータウエアハウスに流し込む機能。

●自動化機能(Automation)
完成したETL処理を基幹システムの運用と同期して自動化する機能。
導入メリットETLの導入メリットとは?
ETLツールの導入メリットとしては、主に次の6つが挙げられる。
●大量データの変換処理を高速に行うことができる。

●よりリアルタイムに近い形で、データ鮮度を維持したBIを実現することが可能となる。

●新規アプリケーションシステムの構築時、旧システムの膨大なデータを変換/移行する処理の効率化を図り、さらに投下するコストもより低く抑えることができる。

●新旧システムの平行稼働期間におけるデータ同期の仕組みを提供することもできる。

●複数のシステムからデータをクレンジングして統合することが簡単にできるようになり、マスタデータ管理の構築を支援することができる。

●業務オペレーションにより随時更新されるマスタデータを関連システムと同期させる仕組みも、提供することができる。
キーマンズネットとは

ページトップへ