BIに関するセミナーやニュース、製品情報やサービスの情報・比較

BI

BIに関するセミナーやニュース、製品情報やサービスの情報・比較 BI

基礎解説BIとは?

BI(ビジネスインテリジェンス)とは、企画/経営層や一般ユーザが、自ら情報を駆使して売上や顧客などの分析を行い、迅速に意思決定を行うことを指す。BIを実現するためには2つの基本要素が必要で、1つがいつでも必要なデータにアクセスできるよう、データのアベイラビリティを確保すること、もう1つが、そのデータをエンドユーザが自由に使いこなせる環境を構築することで、利用するツールとしては、前者がデータウェアハウスやデータマート、後者がOLAPを始めとする分析ツール群である。

BIの製品一覧・比較へ

BIの最新特集

BIの市場シェア情報

2016/05/17

BI

出典
株式会社富士キメラ総研「2015 センサーデバイス/ビッグデータ・IOT市場調査総覧(下巻)」
「BI・可視化ツール」シェア【シェア情報アーカイブ】
2015年は263億円の市場規模だった同市場。データの蓄積と分析とのソリューション提供に注力する占有率1位を獲得したベン…

2014/02/25

BI

出典
株式会社ノークリサーチ「2013年中堅・中小企業における「DWH・BI」の利用実態とユーザ評価に関する調査報告」
「中堅・中小企業向けDWH・BI」シェア【シェア情報アーカイブ】
利用端末環境として、スマートフォンやタブレット型端末が増加する同市場。拮抗する上位3社のベンダとは?必見です。

2013/12/17

BI

出典
株式会社富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2013年版」
「BIツール」シェア【シェア情報アーカイブ】
データ量が増える中、高速なDBアプライアンス製品の導入による基盤系システムの再構築とともに導入が進む同市場の1位は?

2012/09/11

BI

出典
株式会社富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2012年版」
「BIツール」シェア【シェア情報アーカイブ】
ERP製品の動向に影響を受けるBIツール市場。自社ERP製品向けの需要が拡大しシェア32.9%を獲得した1位のベンダとは…

2011/11/22

BI

出典
株式会社富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2011年版」
「BIツール」シェア【シェア情報アーカイブ】
2010年度、数量2200本、207億円であった「BIツール」市場。数量ベースで34.1%を獲得し、1位となったベンダと…

2010/08/17

BI

出典
株式会社富士キメラ総研「2010 パッケージソリューション・マーケティング便覧」
「BIツール」シェア【シェア情報アーカイブ】
2009年度の市場規模が200億円の「BIツール」。今後、好調な推移が見込まれている同製品の市場占有率お見逃しなく!

BIの最新ニュース

BIの導入事例

基本機能BIの基本機能とは?
BIに必要な機能としては、主に以下の3つが挙げられる。
●データウェアハウス
社内外に散らばったデータ群から、収集、集計、標準化して、1箇所に統合し、必要な情報を効率よく取り出せるようにデータベース化したもの。

●OLAP(On-line Analytical Processing)
データウェアハウスに蓄積されたデータを、様々な角度から集計するための機能。

●指標モニタリング
例えば経営者層・管理者層が意思決定に必要な情報を「ダッシュボード」上に一覧表示したり、スコアカードで経営を可視化したりすることができる。
導入メリットBIの導入メリットとは?
BIの導入メリットとしては、主に次の2つが挙げられる。
●現状の見える化
企業活動のデータを分析することで、製品品質のボトルネックを発見したり、改善のための気付きを得ることができる。

●分析結果の直感的な把握
人手の介在を無くしたペーパーレスでのタイムリなレポート配布を実現できることで、効率的で迅速な分析業務を可能にし、得られた結果を直感的に理解することができるようになる。
キーマンズネットとは

ページトップへ