レポート

株式会社富士通マーケティング

株式会社富士通マーケティング

いまさら聞けないクラウドERPとオンプレミスERPの違い、7つの比較ポイント

企業の基幹システムであるERPも、サービスを利用する流れにシフトしつつある。だが、導入の際には従来型のオンプレミスERPとの違いを理解しておかなければならない。両者を分ける7つのポイントとは。

要約

 ERPは、その重要性と複雑さから、導入の難易度が高いといわれるシステムの1つだ。最近は、導入形態も増え、従来のオンプレミス型だけでなく、クラウド、オンプレミスとクラウドのハイブリッドなどさまざまな選択肢を前に悩むユーザーも多い。

 クラウドERPは、完全にライセンスが許可されるERPソフトウェアをクラウドインフラでホスティングするものと定義される。だが昨今の「クラウドERP」は、SaaS ERPと呼ばれるクラウドアプリケーションのサブセットを意味することも多く、まずは両者の違いを知る必要がある。さらに、クラウドとオンプレミスのどちらを選ぶか判断する際の基準も知っておきたい。本コンテンツでは、クラウドERPとは何か解説した後、クラウドとオンプレミスのどちらのERPシステムを選ぶか判断する際に考慮すべき7つの事項を取り上げる。

アンケート