製品資料

日本リミニストリート

日本リミニストリート

ソフトウェアサポートに関する9つの錯覚と真実:ベンダー以外の選択肢とは?

エンタープライズソフトウェアには高品質なサポートが不可欠だが、提供元ベンダー以外の選択肢は存在しないと“錯覚”してはいないだろうか。アップグレードやライセンス購入、法規制対応に関して企業が抱きがちな、9つの誤解と真実とは。

要約

 財務、販売、生産、人事など、多くの業務を担うエンタープライズソフトウェアは複雑で、ミッションクリティカルなものだ。そのため、正常に運用し続けるには、高品質なプロフェッショナルサポートが欠かせない。しかしベンダーが提供するサポートは高額で、近年では多くの企業がその価値やROIを評価すると同時に、低コストで柔軟な代替サポートを探し始めている。

 多くの企業が誤解しているが、ソフトウェアサポートは提供元のベンダー以外でも行うことができる。また、税や法規制の改訂、企業がカスタマイズした部分へのサポートについても、代替ソリューションプロバイダーが存在している。さらに、代替サービスに乗り換えてベンダーサポートを打ち切った場合でも、アップグレードが凍結されることはなく、新しいライセンスやモジュールは別途購入可能だ。

 このように本資料では、企業に第三者のサポートベンダーへの切り替えを踏み止まらせてしまう「9つの錯覚」について、事実や現実との対比から解説する。また、それらの問題において利用可能な選択肢に関する実用的なアドバイスも提示しているので、ぜひ参考にしてほしい。

アンケート