ネットワークハブの製品比較・一覧

スイッチングハブの比較ポイントは次の通り。
●ポート数
現状のネットワーク環境に適したポート数の製品を選択すること。
●通信速度
例えば16ポート中14ポートが10/100Mbps対応で、残りのポートが1Gbps対応というようなポートによって通信速度の異なる製品が多いので拡張性すること。
●管理ツール
スイッチの物理ポートのトラフィック状況をグラフィカルに確認できたり、各種設定をマウス操作だけで行ったりすることができる、GUIベースの管理ツールが使いやすい。
●セキュリティ・ループ防止
スイッチングハブでは、第三者が物理ポートに容易にケーブルを接続できるという、セキュリティ上の大きな問題がある。そこで、認証を行うことで、接続できる機器を制限することができる製品を選びたい。

製品レポート

さらにカテゴリを絞り込む

1 製品

で表示
  • 1
チェックしたものを 資料請求 または 資料ダウンロード または 比較表作成

比較表をExcelで出力


全て
イメージ オススメユーザー 製品概要 価格 企業規模 製品形態 サポートエリア 掲載企業 カテゴリ 更新日

Netwiserシリーズ IPv6/IPv4トランスレーター

Netwiserシリーズ IPv6/IPv4トランスレーター IPv4環境を活かし、IPv6サービス開始を検討している担当者や組織・企業。IPv6移行とIPv4アドレスの延命を検討するISPの担当者。 IPv6/IPv4ネットワーク間の相互通信を実現するコンパクトかつ高信頼のアプライアンス製品。ネットワーク形態にあわせ柔軟な導入が可能。 本体価格:150万円(税別) 企業規模問わず ハードウェア 全国 セイコーソリューションズ ネットワークスイッチ 2015/11/01
チェックしたものを 資料請求 または 資料ダウンロード または 比較表作成

比較表をExcelで出力

1 製品

で表示
  • 1

ページトップへ