バックアップに関するニュース、製品情報やサービスの情報・比較

バックアップ

バックアップに関するセミナーやニュース、製品情報やサービスの情報・比較 バックアップ

基礎解説バックアップとは?
バックアップとは、万一、ITシステムに障害が発生したときに迅速に元の状態にシステム情報やアプリケーションデータをリカバリ(またはリストア)できるように、別のストレージ領域にこれらの情報の複製を保管しておくこと。また、バックアップツールとは、こうした作業を円滑かつスピーディに行うための機能を備えた専用ソフトのことを指す。従って、バックアップ機能だけでなくリカバリの機能も含めてバックアップツールと呼ばれている。通常、バックアップは複数のバックアップ対象サーバから同時に実行することができる。リカバリしたい場合、バックアップサーバのディスク上にデータが保存されているときはディスクからリカバリされ、ディスク上に無い場合にはテープからリカバリされる。バックアップでは、バックアップすべき頻度、ハードウェア環境(Backup to Tape、Backup to Disk、D2D2Tなど)、ネットワーク環境(帯域、WAN経由、LAN経由、SAN経由など)により、テープバックアップやバックアップサービスなどを使い分けることで作業効率が改善される。

バックアップの製品一覧・比較へ

バックアップに関する製品や資料情報を、カテゴリから絞り込む

バックアップと一緒に検討すると便利な製品をカテゴリから探す

バックアップの新着製品

ベリタスと富士通が可能にする、プラットフォームを問わない全方位データ管理

ベリタスと富士通が可能にする、プラットフォームを問わない全方位データ管理 【ベリタステクノロジーズ合同会社】

企業のデータ量は増加の一途をたどり、その在りかもオンプレミスやクラウドなどさまざまな場所に点在するようになっている。統合的なデータ管理に必要な要素とは。

ActiveImage Protector

ActiveImage Protector 【ネットジャパン】

会計事務所向けサービスを提供するエッサム社では、費用の高いクラスタに代わる仮想環境での障害対策を模索していた。迅速かつ確実な復旧のため同社が選んだ方法とは。

重複排除で伝送量を85%削減、小松製作所が高速かつ確実なデータ保護を実現

重複排除で伝送量を85%削減、小松製作所が高速かつ確実なデータ保護を実現 【日本ヒューレット・パッカード】

小松製作所がバックアップ環境を見直すに当たって、データの伝送量が課題になった。通常では日次バックアップも困難なほどのデータ量に同社はどう対応したのだろうか。

「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか?

「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 【Veeam Software japan】

データセンターの常時稼働を目的とした投資が増える一方で、計画外ダウンタイムによる損害も増加している。このような可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか?

バックアップの最新特集

バックアップの市場シェア情報

2010/04/13

メールアーカイブ

出典
株式会社ミック経済研究所「市場参入とラインナップ拡充が急速に進むマネージド・セキュリティサービス市場の現状と展望 2009」
「メールアーカイブサービス」シェア【シェア情報アーカイブ】
2009年度の売上規模が前年対比53.4%増と、急成長のメールアーカイブサービス市場。同サービスの市場占有率を紹介します…

バックアップの最新ニュース

バックアップの導入事例

キーマンズネットとは
IT基礎講座

内山信二が行く!オフィス訪問記

池澤あやかとミライを試そう!

Key Conductors

ページトップへ