技術文書

ネットワンシステムズ株式会社

ネットワンシステムズ株式会社

サーバ仮想化のボトルネックとならないための「ネットワーク仮想化」のススメ

仮想化テクノロジーの登場は、サーバやストレージの運用を劇的に効率化した。ただ、ネットワークは従来の運用管理手法を継続しているケースも少なくない。ネットワークがボトルネックとならないように、こちらも仮想化を進めたい。

要約

サーバ仮想化のボトルネックとならないための「ネットワーク仮想化」のススメ

 サーバやストレージの仮想化を実現した次に取り組みたいのが、ネットワークの仮想化だ。コントローラーから一元管理することで、ネットワークの構成や設定変更の制御が容易になり、複数台のネットワークデバイスにも迅速にネットワークを提供できるようになる。また、ルーティングやロードバランサーといった機能を仮想的に追加・削除できるため、柔軟性も大きく向上する。

 そのための代表的な手段として、VMware NSXがある。ネットワークを抽象化し、ルーティング、NAT、ファイアウォール、ロードバランサーなどのネットワークサービスを仮想化して提供する。ネットワーク仮想化が持つ本来のメリットに加え、性能のスケールアウト、ハイパーバイザー内で機能するファイアウォールの提供など、独自のメリットを享受できる。

 本資料では、このVMware NSXを活用したネットワークインフラ統合の具体例とメリットを紹介している。サーバやストレージを仮想化しても、ネットワークの運用管理が従来のままではボトルネックともなりかねない。本資料を参考に、仮想化のメリットを最大限に生かしてほしい。

アンケート