「オンラインストレージ/ファイルストレージ」に関する製品情報やサービスの比較・事例、セミナーやニュース

オンラインストレージ/ファイルストレージ

オンラインストレージ/ファイルストレージとは、インターネット上で自社専用のディスクスペースを利用できるオンラインサービスのこと。利用者はインターネット経由でSSL通信などを使ってセキュアにオンラインストレージにアクセスすることができるようになっている。

オンラインストレージ/ファイルストレージの新着カタログ

オンラインストレージ/ファイルストレージの新着セミナー

進化し続ける”スマートワークスペース” Dropbox Spaces と Dropbox Paper とは

Dropbox Japan

2020/07/21(火)15:00~16:00

  • オンラインセミナー
  • 無料
  • 定員100名
  • ストレージ
  • 情報共有システム・コミュニケーションツール

Salesforceで情報連携!業務効率アップのためのファイル共有・管理

株式会社Fleekdrive

2020/07/21(火)11:15~11:55

  • オンラインセミナー
  • 無料
  • 定員50名
  • ストレージ
  • 情報共有システム・コミュニケーションツール

今年こそ、さよならファイルサーバー〜新しい生活様式に求められる、クラウドストレージの選び方〜

Dropbox Japan

2020/07/14(火)15:00~16:00

  • 東京都
  • 無料
  • 定員なし
  • スマートデバイス
  • ストレージ

ここから始めるDX--企業内デジタルトランスフォーメーションの第一歩

Dropbox Japan

2020/08/20(木)15:00~16:00

  • 東京都
  • 無料
  • 定員なし
  • スマートデバイス
  • ストレージ

オンラインストレージ/ファイルストレージの新着記事

オンラインストレージ/ファイルストレージの基本機能とは?

オンラインストレージ/ファイルストレージの基本機能は以下のとおり。
●ファイルのアップロードとダウンロード
サービス業者が保有するストレージへ、ファイルのアップロードとダウンロードが可能になる。法人向けサービスの用途は、「社内外での情報共有」と「社内外のファイル送受信」だ。

●暗号化通信
インターネットを介して通信するが、通信経路では必ず暗号化通信を利用。一般的には公的なサーバ証明書を用いたSSL通信だが、ユーザ端末側にクライアント証明書をインストールして端末の正当性をチェックする暗号化通信(SSL VPN)が利用できるサービスも。さらに専用のVPN装置を利用企業に設置して、その装置経由でしか接続できないIPsec VPN方式に対応するサービスもある。

オンラインストレージ/ファイルストレージの導入メリットとは?

オンラインストレージ/ファイルストレージの導入メリットは、以下の3つが挙げられる。
●社内外での情報共有
社内ではファイルサーバを利用した情報共有が可能だが、社外ユーザーの利用は難しい。オンラインストレージを利用すると、大容量のファイルを自由かつ安全にインターネット上に保存することができ、社内外のグループでのファイル共有はもちろん、関係者へのファイル送信も容易になる。

●低コストでの運用
ハードウェアの導入コストが不要であり、保守管理もサービス提供会社に任せることができるため人的コストも不要となる。

●セキュリティと可用性が高い
メールや無料ファイル送受信サービスよりもはるかにセキュリティに優れた情報共有・交換ができる。さらに社外ユーザを含めたアカウント管理機能、利用ログの管理・統計機能が利用でき、利用履歴のより精密・正確な管理が可能になる。