Webキャスト

Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)

Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)

「第2世代AMD EPYC搭載サーバ」徹底解説――導入企業のエックスサーバーも登壇

2019年8月にリリースされた新サーバCPU「第2世代AMD EPYC」は、その性能から熱視線を注がれているが、全てのサーバがそのメリットを引き出せるわけではないという。注目すべき性能とともに、搭載サーバに求められる条件、用途を識者に聞いた。

要約

「第2世代AMD EPYC搭載サーバ」徹底解説――導入企業のエックスサーバーも登壇

 2019年8月にリリースされたAMDの新サーバCPU「第2世代EPYC」は、前世代に比べ1ソケット当たり2倍の64コアになった他、メモリ転送速度、I/O帯域なども大幅にパワーアップした。エンタープライズやHPCなど多様なベンチマークデータからも、他社製CPUや同メーカーの前世代製品と比べて圧倒的なパフォーマンスが記録されており、熱視線が注がれている。

 今般、国内WebホスティングNo.1(*)のエックスサーバーが第2世代AMD EPYCを搭載したサーバの採用を決定した。高い安定性と高速性能を誇る同社のレンタルサーバビジネスのニーズに十分応えることができるとの判断だ。

 本コンテンツは、この最新鋭CPUのメリットと特長を、CPUベンダー、サーバベンダー、最新サーバ導入企業としてのエックスサーバーのそれぞれの視点から解説するWebキャストだ。第2世代EPYC搭載サーバ実際の効果を知りたい担当者はぜひ参考としてもらいたい。

※hostadvice.com調べ。2019年9月25日時点掲載のデータより。
https://ja.hostadvice.com/marketshare/jp/

アンケート