レポート

レッドハット株式会社

レッドハット株式会社

調査で見えた2019年のITトレンドと優先事項:変化への適応に必要なIT基盤とは?

変化を求める企業がITを駆使して新たなビジネスモデルや製品を生み出す中、既存ITインフラの最適化をはじめ、さまざまな課題も生じている。最新の企業調査を基に、2019年のITトレンドと優先事項に関する現状と見通しを解説する。

要約

 顧客ニーズの変化や競争の激化が著しい昨今、多くの企業が日々“変化”に直面し、ITを駆使して新たなビジネスモデルや製品/サービスを生み出している。2019年における各社の計画に関するある調査によると、こうした変化を求める企業の主な優先事項は、「イノベーション」「シンプルさ」「スピード」の3つだという。

 これらを実現するため、新たなITイノベーションへの予算投入が加速しているが、その中で企業には、既存のITインフラを最適化し、ビジネスオペレーションに対する継続的かつ信頼性の高いサポートを提供する必要が生じている。実際に、2019年における予算配分の優先項目には、セキュリティ、クラウドインフラストラクチャ、エンタープライズ統合などが挙げられている。

 一方で、IT人材とスキルギャップ、セキュリティ、コスト削減の圧力など、変化に適応するための課題も浮き彫りになっている。本資料では、こうした調査結果を詳しく解説するとともに、それら課題の解消に有効なオープンソースのIT基盤を紹介する。高い制御性や信頼性、セキュリティを備え、クラウド導入の効率化やシステム統合を実現するその実力を、詳しく見ていこう。

アンケート