高機能PDFソフトウェア 「Foxit PhantomPDF」

高機能PDFソフトウェア 「Foxit PhantomPDF」

ビジネスの幅広いニーズに対応する高速・高機能PDF編集ソフト

PDF作成・編集や、注釈、フォームデザインなどの各種機能はもちろん、ビジネスに欠かせない堅牢なセキュリティ機能を備えた高機能・超高速のPDF作成・編集ソフトウェア。
<おすすめユーザー> ビジネスシーンで求められる高度な編集機能と堅牢なセキュリティを備えたPDF作成・編集ソフトを使用したい企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

Foxit PhantomPDF 製品カタログ(5.1MB)
高機能・高速・高セキュリティを実現するPDF作成・編集ソフト「Foxit PhantomPDF」の基本的な機能を紹介。
タイムスタンプ保管サービス(82KB)
Phantomのタイムスタンププラグインが、知財管理のための「INPIT タイムスタンプ保管サービス」利用のためのトークンが出力できるようになりました。

ビジネスの幅広いニーズに対応する高速・高機能PDF編集ソフト

Foxit PhantomPDFは、PDFの表示・作成・編集、ページ編集、コラボレーション、共有、署名、セキュリティ設定、スキャン、OCR など、PDF編集に関する多彩な機能を備え、個人用ドキュメントからビジネスドキュメントの作成・編集まで対応する、プロフェッショナル用途に適したソフトウェアだ。

<Foxit PhantomPDFが選ばれる理由>
●高い速度性能
Foxit PhantomPDFの特長の1つは、その軽快な動作速度である。Foxitのパフォーマンスの高い軽快なエンジンは、Google ChromeやAmazon Kindleに採用され、また、日本国内にも多くの採用実績を誇っている。

●コーポレートガバナンスを実現する高いセキュリティ機能
企業の重要なドキュメントをPDFにてやりとり・管理するには、操作権限、変更管理や、署名、暗号化などの高いセキュリティ機能が不可欠。クラウドベースによってファイルの追跡やセキュリティレベルの管理などを実現するConnectedPDFにも対応。

●モバイル活用により広がる利用シーン
モバイルデバイス用のアプリであるFoxit Mobile PDFを利用してモバイルOSに展開、プラットフォームを超えた活用ができる。

【高いセキュリティを実現する機能例】
・製薬・ヘルスケア業界向けデジタルID・署名標準であるSAFE署名認定
・Microsoftの標準セキュリティであるAD-RMS(IRM)のPDFへの拡張対応
・日本国内の標準タイムスタンプであるアマノのタイムスタンプへの対応
・クラウドシステムによるPDFのトラッキング機能

<用途に応じて選べる2つのエディション>
●Foxit PhantomPDF Standard 8
あらゆる規模の企業に最適。PDFのテキストコンテンツを直接編集することができ、ビジネス用途として必要十分な機能を備えたエディション。

●Foxit PhantomPDF Business 8
Standardの機能を拡張したエディション。高いコーポレートガバナンスを実現するために、ドキュメントの証明や証明後の操作権限の設定も可能。

関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

メーカー Foxit Software
クライアント側OS Windows 7、8、10
クライアント側対応プロセッサ 1.3GHz 以上
クライアント側必要メモリ容量 512MB RAM(1GB RAM 以上を推奨)
クライアント側必要ディスク容量 2GB の HDD空き容量
その他特記事項 -
クライアント側その他動作環境 1024×768 のスクリーン解像度
サーバ側OS -
サーバ側対応プロセッサ -
サーバ側必要メモリ容量 -
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 -

価格情報

Foxit PhantomPDF Standard:1万900円(税別)
Foxit PhantomPDF Business:1万3900円(税別)

掲載企業

株式会社FoxitJapan
URL:https://www.foxit.co.jp/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

Foxit PhantomPDF 製品カタログ(5.1MB)
高機能・高速・高セキュリティを実現するPDF作成・編集ソフト「Foxit PhantomPDF」の基本的な機能を紹介。
タイムスタンプ保管サービス(82KB)
Phantomのタイムスタンププラグインが、知財管理のための「INPIT タイムスタンプ保管サービス」利用のためのトークンが出力できるようになりました。