製品資料

レノボ・ジャパン株式会社

レノボ・ジャパン株式会社

デジタル化が進む一方で教室のスペースは縮小、教育現場に今必要なPCとは?

デジタル化が進む教育現場で学習効率を高めるには、マルチメディアのデジタルコンテンツに対応できるデバイスが欠かせない。教室のスペースが縮小傾向にある中、コンパクトさと性能とのバランスをどのように取っていけば良いのだろうか。

要約

デジタル化が進む一方で教室のスペースは縮小、教育現場に今必要なPCとは?

 教育現場のトレンドに関するレポートによると、デジタル化が進み、学生がさまざまなメディアに触れる機会の多い現代において学習効果を高めるには、マルチメディアのデジタルコンテンツが必要になるという。そうした中で求められるのが、プロセッサ負荷の高いアプリケーションを使って大容量のデジタルコンテンツを処理できるコンピューティングデバイスだ。

 その一方で、教室そのものは縮小傾向にあり、学生1人当たりのデスクスペースも少なくなるなど、大型デスクトップPCの設置は現実的ではなくなっている。さらに、学校運営の観点では、さらなるコスト削減をしつつ学習効率と生産性を高めなければならない。これらの課題を解消するには、どのようなPCを選べばよいのだろうか。

 本コンテンツでは、昨今の教育現場に求められるPC選びのポイントを解説するとともに、その最適解として有力な極小サイズのデスクトップPCを紹介している。小型ながら、優れたエネルギー効率や、VESAマウント対応による省スペース設置、モバイル並みの可搬性を備えたデバイスは、教育現場における課題解消の特効薬となるはずだ。

アンケート