製品資料

株式会社日立ソリューションズ

株式会社日立ソリューションズ

初動対応から原因究明まで、万が一のインシデント発生時の不安を軽減

マルウェア感染による被害を軽減するにはインシデント発生時の対応が鍵となるが、専門知識を持つ人がいないなど、インシデント対応に課題を抱える企業は少なくない。そこで注目したいのが、セキュリティエキスパートによるMDRサービスだ。

要約

 マルウェア感染による被害を軽減するためには、インシデント発生時の対応が極めて重要になる。被害の軽減には、インシデント状況の把握や被害範囲の特定、対応方針の決定など、初動対応が重要となる。しかし、早急かつ適切な対応を行うにはセキュリティの専門知識が必要となり、対応が難しい企業も少なくない。

 そこで活用したいのが、セキュリティエキスパートによるMDR(Managed Detection and Response)サービスだ。インシデント発生時の初動対応から詳細調査まで、インシデント対応に必要なメニューをそろえている。セキュリティエキスパートがオンサイトでインシデント判断や体制についてのアドバイスを行う「対応方針策定支援」をはじめ、端末調査や影響範囲の確認、原因調査を支援する「侵害調査支援サービス」、特定端末に対して感染や情報流出の痕跡など詳細を調査する「コンピュータフォレンジック」など、インシデント対応に不可欠な支援をトータルで提供する。

 本資料では、これらのサービスの特長とともに、実際の運用や調査の流れなどについて分かりやすく紹介する。インシデント対応に不安のある企業は、自社ビジネスを守るためにぜひ役立ててもらいたい。

アンケート