事例

株式会社ソリトンシステムズ

株式会社ソリトンシステムズ

奈良市教育委員会が実践、利便性と安全性を両立するガイドライン対応の進め方

「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」は、厳格なセキュリティを要求するため、その対応において利便性が損なわれることも多い。セキュリティと利便性を両立させるため、奈良市教育委員会はどのような方法を採用したのか。

要約

 「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」では、対策項目の中に校務系システムと学習系システムの分離、校務系システムにおけるインターネット分離、無線ネットワークのセキュリティが挙げられている。奈良市教育委員会では、早い段階から教育系と校務系を分離しながら、成績処理を行うためのネットワークを別に設けるという画期的な環境を構築していたが、現場からは使いにくいという印象を持たれていた。

 特に、データへのアクセスに時間がかかり教員の利便性が損なわれている点と、タブレット端末のセキュリティが課題となっていた。そこで、システムの耐用年数が迫っていたこともあり、同市ではガイドラインに準拠したセキュリティを確保しつつ、利便性を向上するためのシステム刷新プロジェクトを立ち上げた。

 本コンテンツでは、同市がインターネット分離を実現しながら、校務系端末へのログイン時のセキュリティ強化や、未許可端末を無線LANへ接続させない環境を構築したという教育システム更改の取り組みを紹介する。利便性を損なわずに課題を解決し、教員の利用も浸透させたという同市の手法をぜひ参考としてもらいたい。

アンケート