製品資料

マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス株式会社

シャドーITの温床となるクラウドサービス、どう統制すればよいのか?

クラウドサービスの利用が加速しているが、サービス上に保存された機密情報管 理が行き届いていなかったり、会社で許可している以外のサービスを利用されたり することによるガバナンス低下が課題となる。これをどう対策すればよいのか。

要約

シャドーITの温床となるクラウドサービス、どう統制すればよいのか?

 今日の企業の業務においては、クラウドサービスの活用が欠かせなくなった。導入の障壁が低く、Webアクセスできる環境があれば手軽に利用できるクラウドは、さまざまなメリットをもたらすとともに、新たな問題を生むようになった。1つは企業が許可している以外のクラウドサービスの利用(シャドーIT)をいかに統制するかである。

 もちろん、企業で許可しているクラウドサービスの対策も考えなくてはいけない。現在ではクラウドサービス上にも機密情報が含まれているケースは珍しくなく、そうしたデータの漏えいを防ぐため、適切に管理しなくてはならない。クラウドのトラフィックは既存のネットワークセキュリティで監視することが難しいという課題もある。

 こうした背景の中、近年徐々に導入企業が増えているのが、CASB(Cloud Access Security Broker)である。CASBはどのようにしてクラウドサービスを管理するのか、本ホワイトペーパーで解説している。

アンケート