製品資料

マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス株式会社

業務環境の多様化で複雑さを増すネットワーク管理、安全・簡単に効率化するには

モバイルやクラウドなどの活用による業務環境の多様化は、ビジネスを加速する一方で、セキュアで高速なネットワーク環境の実現を困難なものにしている。今後のネットワーク管理には、クラウドを活用した発想の転換が必要だ。

要約

 業務環境の多様化やデジタル化が進み、セキュアで高速なネットワークの需要が拡大している。有線/無線ネットワーク、WANの管理をシンプルにするクラウドソリューションは増えているが、企業が利用するには管理者のニーズに見合う機能がないサービスが散見される。

 ビジネスクラスのネットワーク管理ツールは、APやスイッチ、ブランチゲートウェイなどを含むネットワーク全体を一元管理できる必要がある。1つのサイトを管理する場合も、数千のリモート環境を管理する場合も、場所を選ばず管理環境にアクセスでき、リモートで実行、プロビジョニング、管理ができるようにしたい。また、ゲストWi-Fiを柔軟に提供できる機能や、ネットワークデータの分析機能なども企業の選択肢を広げる有用なポイントになる。

 本資料では、こうしたニーズを満たす製品の中でも、APやスイッチ、ブランチゲートウェイを同一アーキテクチャで開発・設計し、拡張が容易なクラウド管理ツールを紹介している。クラウド向けに最適化されており、分散型エンタープライズ環境の管理をシンプルにする他、常時稼働を確実に維持できるという。

アンケート