ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」

ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」

確実な台帳管理で、ソフトウェア利用における「リスクの低減」「運用や調達コストの削減」をサポート

  • 一元管理機能
  • ワークフロー機能

多様なデバイスの普及やシステムの仮想化により複雑化するソフトウェアライセンスを、現在ご利用中のインベントリ収集ツールと連携して、正確かつ効率的に管理するソフトウェア資産管理ツール。
【おすすめユーザー】
・多様なライセンス形態に追い付けず、違反リスクのある企業
・ソフトウェアライセンスの一元管理ができていない企業

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

iTAssetEye(Ver.3)製品紹介資料(1.1MB)
ソフトウェア資産管理の目的にはじまり、iTAssetEyeの概要、代表的な機能・画面イメージ、導入企業名などを分かりやすく紹介。

内在するITリスクの発見とITコストの削減をサポート

情報セキュリティやコンプライアンスの観点だけでなく、ITコストの最適化の観点においても、ソフトウェアライセンスを適正に管理することが求められている一方、多様なデバイスの普及や、システムの仮想化によるライセンスの複雑化により、管理は煩雑となっている。
iTAssetEyeは、管理台帳やワークフロー、アラートといったライフサイクル機能でソフトウェア資産管理をサポートする台帳ツールだ。企業で利用中のインベントリツールと連携し、ソフトウェアの利用状況と、iTAssetEyeの持つ台帳データを比較し差分を発見することで、ライセンス違反などの内在リスクの低減や、ソフトウェア資産の可視化による調達コストや運用コストの最適化が可能である。

◇iTAssetEyeの4つの特長◇
iTAssetEyeは、管理者の負担を軽減する独自機能を保有しており、効率的なソフトウェア資産管理を実現。

■1.AIを活用した台帳作成で手間を軽減
毎日検出される未知のソフトウェア名の特定を、管理者に代わってAIがサポート。収録数約14万件のソフトウェア辞書から、候補となるソフトウェア名を類似性の高い順に推薦する。

■2.複数インベントリ収集ツールの同時利用が可能
グループ企業や組織ごとに異なるインベントリツールを利用していても、iTAssetEyeとの連携が可能。

■3.ITリスクを19種類のアラートで通知
台帳情報とインベントリ情報を突き合わせ、是正すべきIT資産リスクを検知。利用者と管理者へメールとホーム画面で、アラートを通知することができる。

■4.サーバ・クラウド環境の効率的な管理が可能
サーバ・クラウド環境を管理するうえで必要となる「CPU数」や「コア数」といった契約情報などの管理項目/アラートが備わっている。また、「ホスト」「ゲスト」といった構成情報の見える化により、管理者の負担を軽減する。

ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント 一元管理機能、ワークフロー機能
導入実績 ~10社
  • 特典
  • その他

◆お客様のIT資産管理状況をソフトウェア資産管理を中心に、無料で診断致します。
◆1カ月間のトライアルをご利用いただけます。

詳細は、お気軽にお問い合わせください!

仕様

メーカー NTTテクノクロス
クライアント側OS -
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
その他特記事項 【iTAssetEyeの主な機能】
・台帳管理
・ワークフロー
・アラート
・レポート
・インベントリツールとの連携
・権限設定
・認証
・マスタ情報設定
クライアント側その他動作環境 【対応ブラウザ】
Internet Explorer 10/11
Microsoft Edge
サーバ側OS Windows Server 2016
サーバ側対応プロセッサ -
サーバ側必要メモリ容量 -
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 【データベース】
SQL Server 2017(Express/Standard/Enterprise)
【アプリケーション】
Internet information Services 10.0

価格情報

年間サブスクリプション:60万円~(税別)
※詳しくは、お問い合わせください。

掲載企業

NTTテクノクロス株式会社
URL:https://www.ntt-tx.co.jp/products/itasseteye/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

iTAssetEye(Ver.3)製品紹介資料(1.1MB)
ソフトウェア資産管理の目的にはじまり、iTAssetEyeの概要、代表的な機能・画面イメージ、導入企業名などを分かりやすく紹介。