事例

BOARD Japan株式会社

BOARD Japan株式会社

BIと財務機能を統合、コカ・コーラ・ヨーロピアン・パートナーズに学ぶ経営変革

財務・経営管理の課題を解決したい企業にとって、デジタルイノベーションへの期待は大きい。そこで本資料では、コカ・コーラ・ヨーロピアン・パートナーズの事例から、財務の簡素化や計画立案手法の改革の方法を探る。

要約

 グローバル化や多角化が進む現代のビジネスにおいて、組織全体のデータを集約した統合経営計画は極めて重要なタスクだ。しかし、企業財務が複雑化する中、従来のアプローチでは対応が難しい状況が生まれつつある。そのため、最先端のデジタル技術を活用して財務の簡素化や計画立案手法の改革を図る企業も少なくない。

 コカ・コーラ・ヨーロピアン・パートナーズも、その解決のためにサプライチェーンの財務・計画立案の変革に取り組んだ一社だ。同社は、従来の財務アプローチからドライバーベースの計画への移行するために統合型の経営管理プラットフォームを導入。製造工場から自動販売機に至るまでのサプライチェーン全体を可視化した。

 これにより、財務業務における大幅な時間効率の向上や、経営層の計画立案プロセスの効率性向上、リアルタイムの監視・追跡による急速な変化への対応などを実現したという。非効率的な予算編成業務や業績見通し業務の改善を図りたい企業は、ぜひ同社の事例を参考としてもらいたい。

アンケート