レポート

WalkMe株式会社

WalkMe株式会社

CRMの入力エラー率を45%削減、生産性を高めるデジタルアダプションツールとは

業務アプリケーションのデータ精度は収益に直結するが、入力作業には膨大な時間が必要となるため、合理化された作業フローの確立が必須となる。そこで注目されるのが、デジタルアダプションプラットフォーム(DAP)だ。

要約

 業務アプリケーションの多くはデータがなければ機能しないだけでなく、その精度が低いと事業収益に直接的な影響を及ぼす。しかし、フォームへのデータ入力や、ビジネスプロセス上のタスク実行などには、日々膨大な時間が必要となる。そのため、データ精度を確保しながら、合理化されたシンプルな作業フローを構築し従業員の満足度を高めることは、多くの企業にとって課題となっている。

 そこで注目されているのが、デジタル技術の定着化を実現するデジタルアダプションプラットフォーム(DAP)だ。強力な分析機能と可視化ツールを搭載し、ユーザーが業務に行き詰まりやすい箇所を特定、ポップアップなどによるガイダンスで支援する。このDAPを導入した約100社への調査結果によると、CRMの使用における平均エラー率が45%削減されたことが分かっている。

 さらにこのDAPは、データの修正や再入力に要する時間も大幅に削減するのに加え、使用頻度の高いフォームの特定などにも効果を発揮するため、生産性向上に大きく役立つという。本資料では、調査結果を基に、同プラットフォームの実力を探る。

アンケート