事例

Dell Boomi

Dell Boomi

企業間データ交換の高速化でコスト効率向上、航空アライアンスのITハブ開発術

世界中の航空会社が加盟するアライアンス「oneworld」では、企業間のデータ交換を簡素化すべく、ITハブの開発を検討。だがコストと複雑さが課題となり、実現は困難とみられていた。そんな同アライアンスが選択した方法とは?

要約

 oneworldは、日本航空、アメリカン航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、キャセイパシフィック航空といった、世界を代表する航空会社が加盟するアライアンスだ。同アライアンスでは、加盟する航空会社間のデータ交換を簡素化すべく、各社のITシステムと連携するためのハブ開発が課題となっていた。

 しかし、従来の統合技術ではコストと複雑さを解決できず、実現は困難とみられていた。特に問題となったのが、新規の航空会社が加盟する際の、ポイント付与サービスのデータ連携だ。この作業は長い期間を必要とし、コスト増大の大きな要因となっていた。そこで同アライアンスが選択したのが、世界でも有数の規模を誇る、クラウド統合基盤のソリューションだ。

 これにより同アライアンスは、ITハブを開発&実装することに成功。各社ITシステムを迅速に統合し、それまでのWebサイト経由の複雑なデータ交換から、ハブアンドスポークモデルの高速なプロセスへの移行を実現。さらに加盟航空会社を追加する際のコスト効率も大幅に改善されたという。本コンテンツでは、こうした取り組みを詳しく紹介する。

アンケート