DocAve for SharePoint

DocAve for SharePoint

【IT管理者の必需品】SharePoint の運用管理基盤をパワーアップ

SharePoint運用管理ソフトウェア。移行・データ保護・外部連携・ストレージ最適化・レポートを行える。世界1万4000社以上で導入。Office 365 - SharePoint Onlineにも対応。
<おすすめユーザー> SharePoint導入を検討中、または現在利用中の組織。移行、運用管理の負荷軽減、IT統制強化・利活用促進に取り組むIT管理者。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

DocAve for SharePoint 製品総合カタログ(3MB)
SharePoint導入のための19のステップ、要検討事項などが分かる製品カタログ。導入・運用・活用を成功に導くベストプラクティスも紹介!
SharePoint 導入・活用を成功に導くチャレンジとTips(4.9MB)
「使いやすいからこそ出てくるSharePoint導入時の留意事項を知りたい」「SharePoint をクラウドで利用したいが完全アウトソーシングは心配」そんな声に応えた回答を紹介!
SharePoint 初期導入時のオススメパック(688KB)
SharePoint導入時にありがちな「権限変更」「ファイルサーバとの住み分け」「バックアップ」の悩みをピックアップ。DocAve for SharePointによる解決策を紹介!
SharePointの人事異動と組織変更をシンプルに(859KB)
「権限の棚卸が簡単」「担当交代が効率的」「組織変更処理が早い」など、人事異動・組織変更へもスムーズに対応するDocAve for SharePointの導入メリットを紹介!
DocAve ファイルサーバーコネクタ for SharePoint(1MB)
DocAve for SharePointの製品群の中でも特にニーズが高い「DocAve ファイルサーバーコネクタ」を紹介!既存のファイルサーバを「ゴミ箱化」「ディスク食い虫化」から救済!
「ごみ箱化」したSharePointを自動整理したい(1MB)
更に、せっかく導入したSharePointも「ゴミ箱化」の道を辿らないように。「不要なデータを整理!段階的に削除!」など様々なソリューションを紹介!

【IT管理者の必需品】SharePoint の運用管理基盤をパワーアップ

DocAve for SharePointは、SharePointに特化したインフラ運用管理ソリューションを提供するソフトウェア。IBM Notesをはじめとする16の既存環境からSharePointへの移行を簡素化。また、SharePoint環境での運用管理・データ保護・外部連携・ストレージ最適化・レポートなどを備えた製品群を提供する。汎用性が高く、幅広い機能を持つSharePointを自組織の用途に合った柔軟な運用管理を可能にする。

■既存のコンテンツをシームレスに SharePoint へ移行
DocAve for SharePointは、シームレスで完全マッピング対応可能なコンテンツ移行を実現。16の既存システムからSharePointへ企業レベルでの移行を可能にし、所要時間と労力を最小限に抑え、管理者の負担を大幅に軽減する。Office365 - SharePoint Onlineへのダイレクト移行も可能だ。

■クラウド、ハイブリッド、オンプレミス環境への柔軟な対応
Office 365・Windows Azureなどのパブリック・プライベートクラウド・オンプレミス(複数拠点、開発/テスト/本番環境)など幅広いシーンの利用を実現する。

■SharePoint 管理者の様々なニーズ対応
情報共有システムとして使うために SharePointを導入したものの、多すぎる機能や自由すぎるカスタマイズ性のために 「どうやって使いこなせばいいのか分からない」 など、以下のようなT管理者の悩みに対応する。

・多すぎる情報量のせいで、SharePointのパフォーマンスが低下するのを防ぎたい
・ユーザにSharePointサイトを自動的に管理してほしいが、コントロールも効かせたい
・エンドユーザにSharePointを活用してもらえない
・組織内のコラボレーションを促進し、SharePointでの情報共有を活性化したい

※SharePointの導入・活用を進める際に組織が直面しやすい5つの悩みとその対処方法をまとめた「SharePoint サバイバル ガイド」をAvePointのウェブサイトにてダウンロード可能。

DocAve for SharePoint
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

メーカー AvePoint Japan
クライアント側OS Silverlight Version 5.0以降、Internet Explorer 8以降、Google Chrome 45.0より前、Mozilla Firefox 33.0の動作する環境 
クライアント側対応プロセッサ Windows Vista以降、及びInternet Explorer 8以降の動作する環境
クライアント側必要メモリ容量 Windows Vista以降、及びInternet Explorer 8以降の動作する環境
クライアント側必要ディスク容量 Windows Vista以降、及びInternet Explorer 8以降の動作する環境
その他特記事項 -
クライアント側その他動作環境 Windows Vista以降、及びInternet Explorer 8以降の動作する環境
サーバ側OS Windows Server 2003/2003 R2/2008/2008 R2/ 2008 R2 SP1 Server
Core/2012/2012 R2/2012 Server Core/ 2012 R2 Server Core
サーバ側対応プロセッサ デュアルコアCPU以上(Intel Core 2 Duoクラス、もしくはIntel Xeonクラス同等のCPUを推奨)
サーバ側必要メモリ容量 10GB以上推奨
サーバ側必要ディスク容量 85GB以上推奨
サーバ側その他動作環境 Office SharePoint Services 2007
Windows SharePoint Services 3.0
SharePoint Server 2010
SharePoint Foundation 2010
SharePoint Server 2013

価格情報

お問い合わせ下さい。

掲載企業

AvePoint Japan株式会社
URL:http://www.AvePoint.co.jp/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

DocAve for SharePoint 製品総合カタログ(3MB)
SharePoint導入のための19のステップ、要検討事項などが分かる製品カタログ。導入・運用・活用を成功に導くベストプラクティスも紹介!
SharePoint 導入・活用を成功に導くチャレンジとTips(4.9MB)
「使いやすいからこそ出てくるSharePoint導入時の留意事項を知りたい」「SharePoint をクラウドで利用したいが完全アウトソーシングは心配」そんな声に応えた回答を紹介!
SharePoint 初期導入時のオススメパック(688KB)
SharePoint導入時にありがちな「権限変更」「ファイルサーバとの住み分け」「バックアップ」の悩みをピックアップ。DocAve for SharePointによる解決策を紹介!
SharePointの人事異動と組織変更をシンプルに(859KB)
「権限の棚卸が簡単」「担当交代が効率的」「組織変更処理が早い」など、人事異動・組織変更へもスムーズに対応するDocAve for SharePointの導入メリットを紹介!
DocAve ファイルサーバーコネクタ for SharePoint(1MB)
DocAve for SharePointの製品群の中でも特にニーズが高い「DocAve ファイルサーバーコネクタ」を紹介!既存のファイルサーバを「ゴミ箱化」「ディスク食い虫化」から救済!
「ごみ箱化」したSharePointを自動整理したい(1MB)
更に、せっかく導入したSharePointも「ゴミ箱化」の道を辿らないように。「不要なデータを整理!段階的に削除!」など様々なソリューションを紹介!