レポート

レッドハット株式会社

レッドハット株式会社

アプリ開発の柔軟性を高める、「マイクロサービス設計」のメリットの捉え方

長年、アプリケーション開発における最大の焦点はプラットフォームの選択にあったが、近年はマイクロサービスやコンテナ、ランタイムによる柔軟性が重視されるようになっている。その理由と技術的背景に迫る。

要約

 長年、アプリケーションとプラットフォームは密接な関係にあった。アプリケーションのトランザクション管理やUI設計、開発言語に至るまで、特定のプラットフォーム上のサービスから包括的に提供されることは、組織にとってアプリケーションの品質管理や安全性確保のために都合が良かったからだ。

 そのため、インフラのクラウド化が盛んに進められていたころ、多くの組織ではいかにプラットフォームを移行するかに腐心していた。しかし、現在ではプラットフォーム重視の組織は少数派となり、クラウド移行の主眼はアプリケーションそのものになりつつある。つまり、そこでいかに開発し、どのように運用するかという点に目的は変化しつつある。

 本コンテンツでは、プラットフォーム依存からの脱却を可能にした、マイクロサービス主導の開発とそのメリットについて解説している。マイクロサービスやコンテナ技術、各種サービスの横断を可能にするランタイムが、開発者の自律性と創造性の確保、DevOpsやアジャイルに代表される迅速さと柔軟性を備えた開発手法の確立に大きく寄与していることが理解できるはずだ。

アンケート