製品資料

ゾーホージャパン株式会社

ゾーホージャパン株式会社

複雑化したITインフラの“障害対応”、システム担当者の悩みを解決する方法は

クラウド活用が当たり前となり、企業のITインフラは複雑化が進んでいる。ビジネスを“止めない”ためにはインフラの可用性を担保することが重要だ。物理/仮想/クラウド環境全てを“見える化”する統合監視ツールに注目したい。

要約

 柔軟性とスピードが必要とされる現代のビジネスにおいて、企業が構築したITインフラの“可用性”は重要な意味を持つ。システム障害でビジネスが止まるようなことがあると、金銭的な損失はもちろん、企業ブランドのイメージ失墜をも引き起こす可能性があるためだ。

従来のオンプレミス環境にクラウドを組み合わせたハイブリッドクラウドや、複数のクラウドサービスを導入したマルチクラウド環境が当たり前となり、ITインフラは複雑化が進んでいる。こうした状況においてシステム障害を“ゼロ”にすることは困難なため、ITインフラ全体を”見える化”し、障害の予知や迅速な対処を行うための仕組み作りが重要だ。

 本資料では、企業のITインフラ全体を“見える化”して、システム障害による損害を最小限に抑えることが可能なネットワーク総合監視ツールについて解説している。分かりやすいGUIを採用したダッシュボードを用意し、ITインフラの障害検知や原因特定に必要な機能を網羅。本ツールを導入すれば、ITインフラに関する専門知識が少なくとも障害が発生する“予兆”を捉えたり、障害原因となる箇所を見つけ出したりといった対応が迅速に行えるようになる。

アンケート