製品資料

ServiceNow Japan 株式会社

ServiceNow Japan 株式会社

サービスの可用性を劇的に改善、ITオペレーションマネジメントツールの要件とは

多くの組織が抱えるサービスのダウンタイムリスクを解消するためには、IT環境の可用性を追求することが欠かせない。そこで必要となるのが、アラート対応やリソースの割り当てを効率化する、ITオペレーションマネジメント(ITOM)だ。

要約

 多くの組織のIT部門がサービスのダウンタイムリスクへの備えとして、日々、可用性向上のためにさまざまな取り組みを行っている。だが、アラートの数が多すぎてインシデントの特定や分類が難しい、サービスマップを最新の状態に保てない、サービスマネジメント関連の手作業に時間が取られるなどの理由から、根本的な解決ができていないケースは少なくない。

 こうした状況を変えるには、優れたITオペレーションマネジメント(ITOM)ツールの導入が効果的だ。その要件としては、インフラ監視ツールからの数百通を超えるイベントログを統合/フィルタリングし、優先度の高い順にビジネスサービスと関連づけられること、重大なイベントを見極められること、そして迅速にリソースを割り当てられることなどが挙げられる。

 さらには、短期的にビジネスに影響を与えそうなイベントを表示してコンポーネントへのドリルダウンが可能なサービスダッシュボードや、信頼性の高いナレッジベースも必要となるだろう。本コンテンツで、こうしたITOMツールの要件をより詳しく見ていこう。

アンケート