連載
» 2018年10月17日 10時00分 公開

連携機能で250兆円経済圏の可能性を秘める「APIエコノミー」とは?5分で分かる最新キーワード解説(2/4 ページ)

[土肥正弘,ドキュメント工房]

提供者、サービス業者、消費者のトライアングル

 APIを提供するのは、大抵は価値の高いデータを保有する企業だ。データを自社開発のシステムで加工して、社内で利用したり、外部に公開したりしている。そのソフトウェア機能の一部を第三者が利用できるようにAPIを無償あるいは有償で提供しているわけだ。こうした企業は自社自身がサービス業者であるとともに、API提供業者でもある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。