特集
» 2015年07月16日 10時00分 公開

もの作りを劇的に変える3Dプリンタ市場概観すご腕アナリスト市場予測(3/4 ページ)

[三谷智子,ガートナー ジャパン]

国内での3Dプリンタの利用状況

 現在のところ、世界市場では3D SystemsとStratasysの2強の存在が大きいものの、上述した通り続々と新規にベンチャー企業などが市場参入しており、各方式の製品が各種出そろう状況になってきた。特に材料押出タイプでは、材料(フィラメントと呼ぶ)を中国を中心に数百社が提供するようになり、材料入手が容易になってきていることも、この方式の普及を促進している。

 ただし、材料押出タイプではフィラメントの色そのものが最終的な出力物の色になり、低価格製品では成形精度も低いため、製造業での最終製品とするにはまだ難がある。産業用途では製造業でのプロトタイプ試作のために利用したり、建築業でのモックアップ作成用途に使われることが多い。

 国内では目下のところ、このタイプは個人用の需要がほとんどを占めるが、一部のデザイン事務所などの商業デザイン試作品を短期間に作成するニーズに応えてもいる。また、例えば服飾品のボタンのカスタマイズ生産といった、顧客個別の嗜好に合わせた製品づくりにも一部使われている。量産品では満足しない顧客に向けて、個別にオリジナルデザインの製品を、比較的低コストで製造できるのがポイントだ。

一方、石こうなどの粉体を固めて成形する結合剤噴射タイプは加工精度に優れ、彩色も自在にできる強みがある。しかし強度には課題があり、直接最終製品を製造するというより、最終製品のためのプロトタイプ作製型製作に利用されるケースが多いようだ。

 同じく粉体を使用する粉末床溶融結合では金属粉体を利用できる機種の場合は、強度の高い材料を用いた金型の製造やカスタム部品の製造に利用できる。従来の切削加工では不可能だった中空の部品、内部に構造を作りこんだ部品など、これまでにない部品生産が低コスト、短期間で可能になり、また金型の場合は内部に3次元水管を組み込んで効率的に冷却を行えるため、射出成型の生産性を上げることにも貢献している。

国内ベンダーの動向

 国内でも3Dプリンタ市場には多くの企業が参入しており、それぞれ特色ある製品を研究、開発しているので、簡単に特長を紹介しよう。ただし、技術タイプは必ずしも1ベンダー1タイプというわけではなく、複数タイプの製品を1社で製造、販売しているケースも多い。以下はあくまで市場で目立つポイントの紹介として捉えてほしい。

インクジェットプリンタ技術をもつベンダーの参入

 キヤノン、リコー、セイコーエプソンといったインクジェットプリンタのヘッド生産技術を持つ国内ベンダーが続々市場参入を表明しているのが注目される。

 例えばリコーは、神奈川県厚木市に「RICOH Rapid Fab」を開設、総合的な3Dプリンティングビジネスに取り組んでいる。現在のところStratasysの製品販売や製品を使った出力サービスとコンサルティング事業を推進しているが、ゆくゆくは3Dプリンタの自社製造、販売も視野に入れた研究開発を行うということだ。キヤノンとセイコーエプソンも自社開発、販売を行うことを表明している。

 ちなみにヒューレット・パッカードもこの市場に乗り出しており、2014年発表したMulti Jet Fusion方式の試作機では数百万色のフルカラーで多様な素材が使えるとされ、高精度、高速性にも注目されている。今後は、世界の主なプリンタベンダーが軒並みインクジェットヘッドを利用する3Dプリンタで競い合う状況になりそうだ。

低価格帯の材料押出タイプの普及を促進するベンダー

 ムトーエンジニアリング、ボンサイラボ、アビーなどが低価格帯の材料押出タイプの製品を打ち出しており、コンパクトでランニングコストも抑えた商品展開をしている。

高精度な最終製品の生産も可能な粉末床溶融結合タイプのベンダー

 前述した金属粉末で成型するタイプで金型や部品製造に貢献しているのは松浦製作所だ。粉末床溶融結合タイプに分類はされるが、複合的な技術を利用して高精度な生産機械に使える部品製造を可能にしている。またアスペクトは、粉末床溶融結合に仕様するレーザーの口径を微細にしたうえ独自の露光走査方式をとり、高精度で高速な成型を可能にしている。

企業向けのインクジェット方式(材料噴射タイプ)を展開するベンダー

 材料噴射タイプは材料押出タイプと同様にコンシューマ市場に普及すると思われているが、数百万円程度の価格で高精度のインクジェット方式で企業市場を目指しているのがキーエンスだ。CADデータから直接製造できる長所を生かし、自動車の風洞実験、部品の組付け確認、デザイン確認、展示用途などにも利用されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。