Webシングルサインオン 「Evidian Web Access Manager」

Webシングルサインオン 「Evidian Web Access Manager」

Webアプリ/サービスのためのシングルサインオンと認証連携

さまざまなWebアプリケーションや、Office 365、Salesforce、G-suite等のクラウドサービスに対し、シングルサインオンによるアクセス/認証連携を提供。
<おすすめユーザー> 業務で活用しているWebアプリケーションやWebサービスにおける、ログイン時のセキュリティを高めたい企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

Evidian Web Access Manager 紹介資料(4.02MB)
Evidian Web Access Managerを紹介する資料。アクセス制御導入のビフォー/アフター、機能、Webアプリ/クラウドサービスへのシングルサインオンとフェデレーション、ほか。
Webアプリケーションにおけるアクセス制御と認証モデル(1000KB)
「なぜWebアプリケーションで認証とアクセス制御を処理すべきではないのか?」Webアプリとモバイルアプリの双方に同じ機能を公開するWeb APIによるシームレスな開発、ほか。
Evidian Web Access Manager デモンストレーション資料(2.08MB)
Evidian Web Access Managerを含むEvidian IAM Suiteのキーポイント、統制(法令順守、情報管理)からの要求について、認証情報の重要性、ほか。
Office 365等のSaaSアプリケーション活用時におけるアクセス制御(308KB)
コストを削減しガバナンス向上するEvidian Web Access Managerの概要の解説と、Office 365への適用例について解説した資料です。

Webアプリ/サービスのためのシングルサインオンと認証連携

Evidian Web Access Managerは、さまざまなWebアプリケーションや、Office 365、Salesforce、G-suiteなどのクラウドサービスに対してシングルサインオンによるアクセス/認証連携を可能にするソリューションだ。リバースプロキシ型を基本としたアーキテクチャ※であり、Webアプリケーション側の修正なしに導入できる。
※エージェント型も構成可能


ユーザー証明書をはじめ、さまざまな多要素認証に対応
ユーザー証明書(x.509認証)、USBトークン、ワンタイムパスワードトークンなど、さまざまな多要素認証が利用可能。認証画面をインターネット上に開示する場合には、基本的なロボット対策であるCaptcha・Re-captchaを標準機能として利用可能。また、Facebook、LinkedInなど各種のSNS認証も標準機能として提供している。

ユーザー属性に応じた認証が可能
本社、子会社、パートナーなど、ユーザーの属性に応じて複数のユーザー認証ディレクトリを並列に構成できる。複数アカウントの使用を許可されたユーザーはサインオンの前にユーザー選択が可能。ユーザー属性(アクセス権)に応じてアクセス可能なアプリケーション/サービスのみが表示される。

アクセス元のIPアドレスに応じた認証制御が可能
社内ネットワークからのアクセス時にはWindows統合認証を、社外ネットワークからのアクセス時には多要素認証を要求するなど、アクセス元のIPアドレスに応じた認証制御が可能。モバイルデバイスからのアクセスに適したSMS認証、メール認証も標準機能として提供。

さまざまなWebアプリケーション/クラウドサービスに対応
複数のクラウドサービスに対し唯一のアイデンティティープロバイダー(IdP)として構成できる。フォーム認証、Basic認証に対応。

Webシングルサインオン 「Evidian Web Access Manager」
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

メーカー Evidian
クライアント側OS -
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
その他特記事項 【ユーザー認証方式】
ログイン・パスワード
Windows 統合認証(Kerberos)
X.509 証明書
SMS OTP
Email OTP
QRコード
Grid Password
スマートカード、USB トークン
演算機能付きトークン
OTP トークン
ソーシャル認証(G Suite, Facebook, Twitter 等)
RADIUS
OAUTH 1.0/2.0
OpenID
OpenID Connect

【アプリケーション認証方式】
SAML 1.0, 2.0
WS-Federation
フォーム認証
ベーシック認証
インジェクション認証
など
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS 動作環境の詳細は下記をご参照ください
https://www.evidian.com/ja/products/single-sign-on-web/#t4
サーバ側対応プロセッサ -
サーバ側必要メモリ容量 -
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 -

価格情報

【参考価格】
1000ユーザー : 531万円(税別)

掲載企業

EVIDIAN-BULL JAPAN株式会社
URL:https://www.evidian.com/ja/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

Evidian Web Access Manager 紹介資料(4.02MB)
Evidian Web Access Managerを紹介する資料。アクセス制御導入のビフォー/アフター、機能、Webアプリ/クラウドサービスへのシングルサインオンとフェデレーション、ほか。
Webアプリケーションにおけるアクセス制御と認証モデル(1000KB)
「なぜWebアプリケーションで認証とアクセス制御を処理すべきではないのか?」Webアプリとモバイルアプリの双方に同じ機能を公開するWeb APIによるシームレスな開発、ほか。
Evidian Web Access Manager デモンストレーション資料(2.08MB)
Evidian Web Access Managerを含むEvidian IAM Suiteのキーポイント、統制(法令順守、情報管理)からの要求について、認証情報の重要性、ほか。
Office 365等のSaaSアプリケーション活用時におけるアクセス制御(308KB)
コストを削減しガバナンス向上するEvidian Web Access Managerの概要の解説と、Office 365への適用例について解説した資料です。