メール誤送信対策ソフトウェア WISE Alert

メール誤送信対策ソフトウェア WISE Alert

すぐに始められて、管理者の負担もかからないメール誤送信対策

社外宛メールや添付ファイルの送信時などに警告を表示し、添付ファイルの自動暗号化にも対応した、ユーザー自身でメール誤送信対策を実施できるツール。
<おすすめユーザー> 業務効率を落とすことなくメール誤送信対策を講じたい企業。Office 365への移行に伴い、Outlookの誤送信対策が必要な企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

グループ会社を含む2万ユーザーに導入!〜鹿島建設(396KB)
業務効率を落とさないシンプルな仕組み、価格と機能のバランスのよさ、実績などを評価し、Office 365環境に誤送信対策として「WISE Alert」を導入。
誤送信の激減と同時に業務の効率化にも貢献〜横河電機(1.5MB)
横河電機グループ7000人に予想以上の業務効率アップを実現したメール誤送信対策とは。
すぐに始められる、管理者負担不要のWISE Alert機能説明(1.5MB)
WISE Alertの機能概要、スタンダード版/エンタープライズ版などのラインアップのほか、ZIP暗号化機能、宛先ドメイン判定機能についても詳しく紹介。
メール誤送信対策の運用〜成功する5つの秘訣とは?〜(2.7MB)
メール誤送信の現状を分析した上で、抑制・回避するための運用の「5つの秘訣」と、エアーの誤送信リスク対策製品「AIR WISEファミリー」の利用例を解説。
Office 365対応メール誤送信対策ツール「WISE Alert」(1.4MB)
メール送信におけるさまざまな課題解決に有効な、「WISE Alert」の特長を分かりやすくまとめたカタログ。

すぐに始められて、管理者の負担もかからないメール誤送信対策

「WISE Alert」は、社外宛メールや添付ファイルなどを送信する際に警告してくれるメール誤送信対策・予防ソフトウェアだ。クライアント(Outlook対応)インストールタイプで専用サーバを必要とせず、Office 365などのクラウドメール、あるいはオンプレミスなど、さまざまなメールシステムで利用できる。

■“メールユーザー自身による容易な誤送信対策”を実現
設定条件に合致するメールをユーザーが送ろうとした場合に警告を表示するという、シンプルで効果的な誤送信予防を実現。「添付ファイルつき」「送信先に外部ドメインを含む」「送信件数が多い」「件名が空白」など、さまざまな条件を組み合わせて設定可能なほか、「送信メールの保留時間」も指定できる。例えば「添付ファイルつきメールの宛先に外部ドメインが含まれる場合に警告、内部だけなら3分間保留する」といった処理が可能だ。

警告ウィンドウには差出人一覧や警告メッセージが表示されるほか、添付ファイルの内容確認も可能で、ユーザーは原因をチェックした上で送信を行える。「念押し確認としてテキスト入力を要求」「警告画面のデザインを条件ごとに設定可能」といった操作の慣れも防止する機能や、英語インタフェースも装備済み。

■管理者機能充実のエンタープライズ版も用意
ユーザーが自由に警告条件や送信待ちポリシーを設定できるスタンダード版に加え、管理者による一括ポリシー設定と適用が可能な運用管理機能を備えたエンタープライズ版も提供。ユーザーの負担を軽減できるほか、組織内で共通の条件設定を行うことで、誤送信防止対策の徹底にも有効だ。

■更に高度な誤送信防止強化機能も
メール送信時に添付ファイルを自動ZIP暗号化して送信するZIP暗号化機能も用意。システム環境の変更は一切不要で、誤送信防止にかかるユーザーの手間を軽減しつつ情報漏えいを防止。また、宛先間違いを注意喚起する宛先ドメイン判定機能も提供している。

メール誤送信対策ソフトウェア WISE Alert
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

メーカー エアー
クライアント側OS Microsoft Windows 10/8.1/8/7
Microsoft Windows Server 2008 R2
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
その他特記事項 ※Office 365環境でのOutlook使用時も可能
※動作確認済みのOutlookのバージョンは、OSにより異なります。
※20日間の無料評価版を提供しています(下記URLからもダウンロード可能)。
クライアント側その他動作環境 【対応メールクライアント】
Microsoft Office Outlook 2016/2013/2010(32bit/64bit版)
サーバ側OS -
サーバ側対応プロセッサ -
サーバ側必要メモリ容量 -
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 -

価格情報

5〜50ユーザーライセンス単価例(税別)
エンタープライズ版 :1560円
スタンダード版 :1400円

掲載企業

株式会社エアー
URL:https://www.air.co.jp/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

グループ会社を含む2万ユーザーに導入!〜鹿島建設(396KB)
業務効率を落とさないシンプルな仕組み、価格と機能のバランスのよさ、実績などを評価し、Office 365環境に誤送信対策として「WISE Alert」を導入。
誤送信の激減と同時に業務の効率化にも貢献〜横河電機(1.5MB)
横河電機グループ7000人に予想以上の業務効率アップを実現したメール誤送信対策とは。
すぐに始められる、管理者負担不要のWISE Alert機能説明(1.5MB)
WISE Alertの機能概要、スタンダード版/エンタープライズ版などのラインアップのほか、ZIP暗号化機能、宛先ドメイン判定機能についても詳しく紹介。
メール誤送信対策の運用〜成功する5つの秘訣とは?〜(2.7MB)
メール誤送信の現状を分析した上で、抑制・回避するための運用の「5つの秘訣」と、エアーの誤送信リスク対策製品「AIR WISEファミリー」の利用例を解説。
Office 365対応メール誤送信対策ツール「WISE Alert」(1.4MB)
メール送信におけるさまざまな課題解決に有効な、「WISE Alert」の特長を分かりやすくまとめたカタログ。