Webキャスト

ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社

通信制御・統制もクラウドで、ゼロトラスト時代に最適なクラウド型セキュリティ

働き方改革が進む一方、SSL通信を悪用した攻撃への対策や、社外でのポリシー統制など、新たなセキュリティやネットワーク環境の課題が顕在化している。昨今、通信制御やセキュリティ対策をクラウドで実現するZscalerが注目されている。

要約

 クラウドやテレワークの普及により、働き方改革が多くの企業で進む一方、セキュリティや企業ネットワーク環境の新たな課題が顕在化している。SSL通信を隠れみのにした攻撃の対策、トラフィック増大によるプロキシやファイアウォールの処理遅延、在宅勤務や出張先でのポリシー統制、マルチデバイス対応など、解決すべき問題は枚挙にいとまがない。

 こうした背景から注目されているのが、クラウド型のゲートウェイサービスだ。通信先の自動識別をはじめ、SSL復号、一律ポリシー適用によるセキュリティ統制、既知および未知のマルウェア・スパイウェアの検出と遮断、SDP(Software Defined Perimeter)型デバイスポスチャ機能付きリモートアクセスなど、多様なセキュリティ機能を有している。

 また、セキュリティ機能の適用はクラウドサービス側で処理される。加えて通信量増減をオートスケールでさばくので、パフォーマンスの安定化やコスト最適化、担当者の負荷削減が期待できる。ユーザーID課金のみで通信量の従量課金を気にする必要もない。本資料では、ゼロトラスト時代の通信制御/セキュリティ統制に欠かせない同サービスの特長を紹介する。

アンケート