製品資料

クラウドストライク株式会社

クラウドストライク株式会社

大企業が押さえるべき「真の次世代エンドポイントセキュリティ」の5つの要件

「次世代」エンドポイントセキュリティ製品はそれぞれに異なった観点で次世代をうたっている。ここでは大企業や大規模ユーザーを抱える企業が考慮すべき、真の意味での「次世代エンドポイントセキュリティ」5つの要件を押さえておきたい。

要約

大企業が押さえるべき「真の次世代エンドポイントセキュリティ」の5つの要件

 次々と新たな手法が生み出されるサイバー攻撃から組織を守るためには、エンドポイントセキュリティ製品の使用が欠かせない。現在、市場には多くのエンドポイント製品があふれており、それぞれ「次世代」や「ゲームチェンジャー」などのフレーズを使って宣伝されているが、旧式のプラットフォームを反復しているにすぎないものが多いのも実情だ。

 従来のエンドポイント対策が無価値になったわけではないが、現在では、レガシーな設計に引きずられた旧製品の効力は限定的だ。アンチウイルス、EDRなどの導入検討時には、先々を見据えたエンドポイントセキュリティ対策を選択すべきであり、そのための必須要素がある。旧来のアーキテクチャにとらわれていては先がない。 

 本コンテンツは、真の意味で「次世代」と名乗るにふさわしいエンドポイントセキュリティ製品を見極めるための5つのポイントを詳しく解説。さらに巻末には、現在自社で運用しているアンチウイルスやEDRなどを含めたエンドポイントセキュリティが適切かどうかチェックできる質問集が掲載されている。今後の製品導入検討の際にも確認すべき事項として活用できるはずだ。

アンケート