Check Point Full Disk Encryption (旧製品名:Pointsec)

Check Point Full Disk Encryption (旧製品名:Pointsec)

HDDの丸ごと暗号化+OS起動時の独自認証で情報漏洩防止

ハードディスクを丸ごと暗号化して、情報漏洩を強固に防御するソフトウェア。スタンドアロンや集中管理にも適用可能。
<おすすめユーザー> PCやモバイルツールの盗難や紛失による情報漏洩の危険性を憂慮している企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

「Check Point Full Disk Encryption」 紹介資料(1.7MB)
HDD全体暗号化ツール「Check Point Full Disk Encryption」の仕組み・メリット・特長が分かりやすく解説されている資料。
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA) 導入事例(2.3MB)
ノート・デスクトップも合わせ、1000台以上の全PCにCheck Point Full Disk Encryptionを導入した事例をご紹介。
暗号化のROI・TCO検討ガイド(1.1MB)
暗号化の経済的側面を分かりやすく解説。

HDDの丸ごと暗号化+OS起動時の独自認証で情報漏洩防止

Check Point Full Disk Encryptionは導入規模を問わず、日本を含む全世界で累計6300万ライセンス以上の出荷実績を誇るハードディスク暗号化ソフトウェア。クライアントPCの「盗難」や「紛失」時の情報漏洩対策を簡単に実現する。
※2011年10月末Check Point社調べ


■ハードディスクの丸ごと暗号化
データをフォルダ・ファイルで暗号化するのではなく、OS領域やシステムファイル領域を含めたハードディスクを丸ごと暗号化する。ハードディスクとメモリの間を通るデータは、「Check Point Full Disk Encryption」を介して自動的に暗号化・復号化されるため、ユーザが特別に暗号化についての操作をする必要がない。

■PC起動前の独自認証
Windows(OS)起動前に独自認証を行うので、Windows認証を破るパスワードクラックの試みが効かない。不正ユーザはOSを起動させることさえできなくなるため、PCへの侵入を強固に防御する。

■ネットワーク・スタンドアロンどちらでも運用が可能
ネットワーク環境の有無を問わず、様々な環境に導入できる。運用ではスタンドアロン運用、ネットワーク経由での運用の双方に対応しているため、クライアント / サーバ型ソフトウェアにつきものの、「サーバに接続していないと導入ができない」という制約はない。

■その他の特長
・FIPS(連邦政府情報処理規格)140-1ならびに140-2、Common Criteria(情報セキュリティ国際評価基準)EAL4の認定を受けた堅牢なセキュリティ
・暗号化はバックグラウンドで実施されるため、ユーザは意識する必要がない
・Mac OS X環境にも対応
・パスワード以外にUSBトークンの利用も可能
・HDD暗号化、リムーバブルメディア暗号化など10種類以上のセキュリティ機能が単一のエージェントに統合されている「Check Point Endpoint Security」も用意。

Check Point Full Disk Encryption (旧製品名:Pointsec)
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

メーカー Check Point Software Technologies
クライアント側OS ※その他特記事項参照
クライアント側対応プロセッサ Intel(R) Pentium(TM) III 450MHz以上を推奨
クライアント側必要メモリ容量 512MB以上
クライアント側必要ディスク容量 500MB以上(内2MB以上の連続スペース領域)
その他特記事項 【クライアント側OS】
Windows 8.1 Enterprise、Professional 32/64ビットUEFI、32/64ビットBIOS
Windows 8 Enterprise、Professional 32/64ビットUEFI、32/64ビットBIOS
Windows 7 SP1 Enterprise、Professional、Ultimate 64ビットUEFI、32/64ビットBIOS
Windows Vista SP2 Enterprise、Business 32/64ビットBIOSのみ
Windows XP SP3 Professional 32ビットのみBIOSのみ
Windows 2008 R2 Enterprise 64ビットのみBIOSのみ
Windows 2008 R2 SP1 Enterprise 64ビットのみBIOSのみ
Mac OS 10.6.x/10.7x/10.8x/10.9x

※UEFIバージョン2.3.1またはそれ以降が必要です。
※Check Point Full Disk Encryption for Macの対応機種はIntel Macに限ります。
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS -
サーバ側対応プロセッサ -
サーバ側必要メモリ容量 -
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 -

価格情報

1ライセンス:1万2000円(税別)〜

掲載企業

サイバネットシステム株式会社
URL:http://www.cybernet.co.jp/checkpoint/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

「Check Point Full Disk Encryption」 紹介資料(1.7MB)
HDD全体暗号化ツール「Check Point Full Disk Encryption」の仕組み・メリット・特長が分かりやすく解説されている資料。
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA) 導入事例(2.3MB)
ノート・デスクトップも合わせ、1000台以上の全PCにCheck Point Full Disk Encryptionを導入した事例をご紹介。
暗号化のROI・TCO検討ガイド(1.1MB)
暗号化の経済的側面を分かりやすく解説。