ALSI 情報漏洩対策シリーズ「InterSafe ILP」

ALSI 情報漏洩対策シリーズ「InterSafe ILP」

内部不正から標的型攻撃まで、あらゆる情報漏洩対策を一元管理

  • 一元管理機能
  • 漏えい防止
  • ログ管理

「ファイル暗号化」「デバイス制御」「ワークフロー機能」「セキュリティUSBメモリ作成」で構成された情報漏洩対策シリーズ。組み合わせ自由、単体でも導入可能で、利便性を追求した使い勝手のいいソリューションだ。
<おすすめユーザー> 情報漏洩対策を一元管理で実施したい企業。
業務効率を落とさず、データを安全活用したい企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

InterSafe ILPカタログ(5.03MB)
情報漏洩対策に関する企業の悩みを解消するInterSafe ILPをご紹介します。
InterSafe ILPご紹介資料(8.97MB)
特長や構成例、動作環境、価格などについて詳しく紹介した資料です。
文科省ガイドラインに沿って環境整備-学校法人導入事例(1.6MB)
教員も保護者も安心できる環境構築に成功した導入事例です。

ファイル暗号化、デバイス制御に注力した情報漏洩対策

InterSafe ILPは、4つの機能で構成された情報漏洩対策シリーズだ。企業の需要が高い情報漏洩対策機能を凝縮し、必要な機能を組み合わせて簡単に導入することができる。

●サーバの運用管理負担とコスト削減に貢献。クラウド版登場!
専任の情報システム担当者がいない企業や、セキュリティにコスト・人手をかけられない企業の方には、手軽に情報漏洩対策ができるクラウド版が最適。

●ファイル自動暗号化:InterSafe FileProtection
ファイル保存時に、データを自動暗号化。ヒューマンエラーを防止し、万一ファイルが流出しても情報を保護することができる。自動バックアップ機能でランサムウェア対策としても有効だ。

●デバイス制御:InterSafe DeviceControl
スマートフォンやタブレットなどの外部メディアへのデータ書込みを制御し、プリンタやスキャナーなどの利用管理により機密情報の持出しを防ぐ。さらに、FireEye「NXシリーズ」と連携することで、マルウェア感染端末を検知して即時隔離する標的型攻撃対策機能も搭載。

●セキュリティUSBメモリ作成:InterSafe SecureDevice Ultimate
汎用のUSBメモリをコピーガード対応のセキュアなUSBメモリに変換するソフトウェア。USBメモリの利用制限を利用者やグループと紐付けて管理し、許可された以外の部署や社外のPCではさまざまな制限が加わる。ファイルの作業ログの取得も可能。

●持ち出し/持ち込み申請・承認:InterSafe WorkFlow
InterSafe DeviceControlで制御されているデバイスやファイルの書き出しをWeb上で申請・承認でき、有効期限設定も可能。外部デバイスへの書き出し時にデータを自動で暗号化することもできる。

ALSI 情報漏洩対策シリーズ「InterSafe ILP」
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート 電話サポートあり
サポートエリア 全国
こだわりポイント 一元管理機能、漏えい防止、ログ管理
導入実績 -
  • 特典
  • 無料トライアル

30日間の無料評価版をご利用いただけます。詳細はお問い合わせください。

仕様

メーカー アルプス システム インテグレーション
クライアント側OS Windows(7 / 8.1 / 10)
※32/64bit対応
※日本語/英語/中国語(簡体)OS対応
クライアント側対応プロセッサ Intel Core i3 2.0GHz 以上
クライアント側必要メモリ容量 2GB 以上(4GB以上推奨)
クライアント側必要ディスク容量 -
その他特記事項 ・仮想環境
VMware View, XenDesktop

・対応ブラウザ
Internet Explorer 11 Microsoft Edge
※詳細な動作環境についてはお問い合わせください。
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS Windows(2008 R2 / 2012 / 2012 R2 / 2016 / 2019)
※日本語版OSのみ
サーバ側対応プロセッサ Intel Xeon 2.1GHz(4Core)以上
(Intel Xeon 2.5GHz(6Core)以上推奨)
サーバ側必要メモリ容量 4GB 以上(8GB 以上推奨)
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 -

価格情報

●オンプレミス版※【5-99ユーザー】1ライセンスあたりの税別価格です。
InterSafe FileProtection:1万5000円
InterSafe DeviceControl:5000円
InterSafe WorkFlow:3000円
InterSafe SecureDevice Ultimate:8000円
●クラウド版※【50ユーザー】1ライセンスあたりの税別価格です。
InterSafe FileProtection:1000円
InterSafe DeviceControl:500円
InterSafe SecureDevice Ultimate:500円
※新規ご購入時の最低購入数は50ライセンスです。
※最低契約期間は12カ月です。

ガバメント、アカデミックライセンスやセット価格もございます。
詳しい価格情報はお問い合わせください。

掲載企業

アルプス システム インテグレーション株式会社
URL:https://www.alsi.co.jp

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

InterSafe ILPカタログ(5.03MB)
情報漏洩対策に関する企業の悩みを解消するInterSafe ILPをご紹介します。
InterSafe ILPご紹介資料(8.97MB)
特長や構成例、動作環境、価格などについて詳しく紹介した資料です。
文科省ガイドラインに沿って環境整備-学校法人導入事例(1.6MB)
教員も保護者も安心できる環境構築に成功した導入事例です。