マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア 「Metascan」

マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア 「Metascan」

最大30種類のエンジンを駆使!マルウェア検出率を格段に向上!

最大30種類のウイルススキャンエンジンを動作させ、マルウェアの検出率を最大限に高めたウイルス対策ソリューション。インターネット接続ができない閉環境でも使用が可能。
<おすすめユーザー> ウイルスの検出能力を高めたい企業。定義ファイルの更新がオンライン経由でできない閉環境でのウイルス対策を探している企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア「Metascan」カタログ(1.8MB)
マルウェア検出率を大幅に向上させるウイルス対策ソリューション「Metascan」の製品カタログです。製品の特長やライセンス体系などが分かります。
最大30種のウイルススキャンエンジンが動作する「Metascan」概要(1.3MB)
「Metascan」の利点、特長と主な機能概要、利用例、システム要件などをまとめた資料です。製品構成に関するよくある質問とその回答も掲載しています。
Metascan 3.10.0インストールおよびアップグレードガイド(985KB)
最新バージョン「Metascan 3.10.0」のインストールとアップグレードの手順書。利用できる様々な構成オプションについても説明しています。
Metascan 3.10.0カスタムエンジンのビルド(457KB)
カスタムエンジンを導入する際の手順や必要となる作業、プロパティの定義例などを解説した資料です。
Metascan 3.10.0 ソフトウェア開発者ガイド(1.4MB)
開発者やインテグレータが利用可能な様々なアプリケーションプログラミングインターフェース (API)などについてその概要を説明。具体例も紹介しています。
Metascan 3.10.0 構成ガイド(2.5MB)
Metascanで利用できる様々な構成ツールや機能について詳細に説明した資料です。

最大30種類のエンジンを駆使!マルウェア検出率を格段に向上!

Metascanは、最大30種類のウイルススキャンエンジンを駆使し、マルウェアの検出能力を最大限に高めたウイルス対策ソリューション。単一サーバ上で複数のエンジンを利用することで、単一のウイルス対策ソフトだけでは見逃していた マルウェアの検出も可能。利用するエンジンが増えれば増えるほど、検出のカバーレッジも増し、マルウェアの検出率を向上させることができる。

物理環境、仮想環境のどちらにも導入することができ、インターネットに接続していないオフライン環境でも利用することも可能。1ライセンスで複数のエンジンを一括で利用できるので、ライセンス管理も容易だ。また、過去にスキャンしたファイルはハッシュとして結果とともにデータベースに格納され、次回以降のスキャンはハッシュで照会しスキャン自体を省く仕組み。より高速なウイルススキャンが実現できる。

マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア 「Metascan」
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

メーカー OPSWAT
クライアント側OS -
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
その他特記事項 ●サポートされるアーカイブタイプ
zip、rar、tar、jar、lha、gzip、bzip2、arj、iso、sfx、cab、chm、wim、xar、z、msi、その他多数

●スキャンエンジン
・Metascan4: Eset、Avira、Ahnlab、ClamAV
・Metascan8: Metascan4のエンジン+ThreatTrack、Quick Heal、
 Bitdefender、TotalDefense
・Metascan12: Metascan8のエンジン+Agnitum、K7 Computing、
 nProtect、AVG
・Metascan16: Metascan12のエンジン+Kaspersky、F-prot、Emsisoft、
 VirusBlokAda
※McAfeeやSymantec、TrendMicroなどのカスタムエンジンも個別に追加可能
クライアント側その他動作環境 物理環境または仮想環境に導入可
インターネット接続がある開環境のほか、閉環境でも利用可
サーバ側OS Windows Vista、Windows 7、Windows 8/8.1、
Windows Server 2008/2008 R2、Windows Server 2012/2012 R2、
Linux Debian、Red Hat Enterprise Linux、CentOS Linux、Ubuntu Linux
サーバ側対応プロセッサ -
サーバ側必要メモリ容量 8GB以上(Metascan4/8)、16GB以上(Metascan12/16)
サーバ側必要ディスク容量 32GB
サーバ側その他動作環境 ●サポートされる主なファイルタイプ
Office 2007/2010/2013のドキュメント、各種画像ファイル、各種動画ファイル、TXT、CSV、実行可能ファイル、システムファイルなど

価格情報

50万4000円〜
※税別

掲載企業

ネクスト・イット株式会社
URL:http://nextit.jp/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア「Metascan」カタログ(1.8MB)
マルウェア検出率を大幅に向上させるウイルス対策ソリューション「Metascan」の製品カタログです。製品の特長やライセンス体系などが分かります。
最大30種のウイルススキャンエンジンが動作する「Metascan」概要(1.3MB)
「Metascan」の利点、特長と主な機能概要、利用例、システム要件などをまとめた資料です。製品構成に関するよくある質問とその回答も掲載しています。
Metascan 3.10.0インストールおよびアップグレードガイド(985KB)
最新バージョン「Metascan 3.10.0」のインストールとアップグレードの手順書。利用できる様々な構成オプションについても説明しています。
Metascan 3.10.0カスタムエンジンのビルド(457KB)
カスタムエンジンを導入する際の手順や必要となる作業、プロパティの定義例などを解説した資料です。
Metascan 3.10.0 ソフトウェア開発者ガイド(1.4MB)
開発者やインテグレータが利用可能な様々なアプリケーションプログラミングインターフェース (API)などについてその概要を説明。具体例も紹介しています。
Metascan 3.10.0 構成ガイド(2.5MB)
Metascanで利用できる様々な構成ツールや機能について詳細に説明した資料です。