製品資料

日本ヒューレット・パッカード株式会社

日本ヒューレット・パッカード株式会社

IoTの価値を最大化、データ急増に対応するエッジコンピューティングの現在地

IoTの浸透によりデータが爆発的に増加する中、従来型インフラでの処理は限界に近づいている。そこでニーズが高まっているのが、データの入手元に近い「エッジ」でのリアルタイムデータ分析だ。

要約

 新たなイノベーションの創出や、カスタマーエクスペリエンスの向上を目指す企業にとって、データをいかに生かすことができるかが喫緊の課題となっている。その一方で、IoTデバイスの浸透によりデータは指数関数的に増加しており、従来型のインフラでデータを処理することは困難になりつつある。

 そうした中で改めて注目されているのが、センサーに近いところで、大量のデータをリアルタイムに分析する「エッジコンピューティング」だ。その活用により、画像認識技術を用いて工場における品質管理の効果高めることなどが可能となり、IoTによるダウンタイムの削減、ひいてはビジネスモデルの革新につながる。

 本コンテンツでは、データ主導時代に求められるデジタル基盤として、先進的なエッジコンピューティングソリューションを紹介している。エンタープライズクラスのパフォーマンスとリモート管理機能を備えつつ、データセンターとクラウドのアプリケーションをエッジで修正なしに実行するという本ソリューションの実力を、詳しく見ていこう。

アンケート