「その他開発関連」に関する製品情報やサービスの比較・事例、セミナーやニュース

その他開発関連

その他開発関連として、アジャイル開発ツールを取り上げている。アジャイル開発とは、仕様変更に迅速に対応しながらニーズに合ったソフトウェアを作り上げていく開発手法のことを指す。アジャイル(agile)を直訳すると「機敏な」「活発な」という意味。アジャイル開発は“ウォータフォール開発”と比較されるが、どちらがどちらより優れているという話ではなく、そもそも目的が違う。目的をチームで共有できれば、ウォータフォールプロジェクトの一部にアジャイルを取り入れ、効果を得ることも可能。

その他開発関連の新着カタログ

その他開発関連の新着事例

その他開発関連の新着セミナー

次世代のOSSライセンス&セキュリティ管理ツールFOSSID紹介セミナー

テクマトリックス株式会社

2019/12/13(金)15:30~17:00

  • 東京都
  • 無料
  • 定員10名
  • 開発

アーキテクチャ分析ツール「Lattix」ハンズオンセミナー

テクマトリックス株式会社

2019/12/12(木)13:30~17:00

  • 東京都
  • 無料
  • 定員8名
  • 開発

『アジャイルに働く』-非ITな人のための、IT用語を使わないアジャイル入門

ラーニング・ツリー・インターナショナル株式会社

2020/01/17(金)14:20~16:15

  • 東京都
  • 無料
  • 定員30名
  • 開発

上司から突然「アジャイルで」と言われた担当者のための導入講座

ラーニング・ツリー・インターナショナル株式会社

2019/12/16(月)14:20~16:15

  • 東京都
  • 無料
  • 定員30名
  • 開発

その他開発関連の新着記事

その他開発関連の新着ホワイトペーパー

その他開発関連の基本機能とは?

アジャイル開発ツールは分散したチームでもアジャイル開発を可能にするツールのこと。アジャイルの計画からタスク管理、ソース & ビルド管理まで提供する統合ツールである。例えば、チームのプロセスおよびプロジェクト・ルールに従って、個々のワークアイテムの進捗状況を表現するグラフ等が自動的に生成され、進捗をトラッキングすることができる。この機能により、チーム全体に障害や機能拡張要求が効率的に伝えられ、プロジェクトの進行を促進できる。作業が進行するにつれて、誰が、何を、いつ、なぜ、といった情報を各ワークアイテムに関連付けて補足し、チーム・メンバー間で、ワークアイテムを共有する際に必要となるコンテキストを提供できる。承認やディスカッションがサポートされている場合、コード・レビューや承認のスケジュールどおりの実行と、チーム・メンバーの同期を維持管理できる。

その他開発関連の導入メリットとは?

アジャイル開発ツールはチームの透明性を高め、共有された情報でコラボレーションを加速することで、あたかも一つの部屋で作業しているかのような環境を実現することができる。主なメリットは次の通り。
・アジャイルやウォーターフォールのような伝統的なプロセスを完全にカバーし、さらに強化することでより良いソフトウェアを構築できる。
・ソース管理、ワークアイテム管理、ビルド管理のすべてを統合された環境で実施できるためシンプルな開発プロセスの構築が可能。
・状況に基づいたコラボレーションをリアルタイムに実施することで、分散したプロジェクト・チームでも円滑なコラボレーションを実現できる。
・一貫したプロセスを促進することにより、ソフトウェアの品質改善を支援。
・プロジェクトの健全性や進捗をリアルタイムに把握し、プロジェクトの可視性を改善できる。
・オープンで標準的なプラットフォームをベースにすることで柔軟性を強化できる。