アプリケーション開発ツール「Appeon PowerBuilder」

アプリケーション開発ツール「Appeon PowerBuilder」

圧倒的な生産性を誇るWindows向けアプリケーションの統合開発環境。モバイルやWebアプリ化も可能。

  • マルチデバイス
  • 他アプリ連携
  • 他システム連携

アプリケーション開発を容易に行えるグラフィカルなコントロール群を用意し、Windowsアプリケーションの迅速な開発を支援。オブジェクトの作成・継承といったオブジェクト指向的な機能を備え、データウィンドウテクノロジーにより各種データベースとの接続・活用も容易に実現できる。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

Appeon PowerBuilder製品紹介(1.59MB)
データウィンドウテクノロジーや継承機能など、「PowerBuilder」の特徴と機能を紹介した資料です。
Appeon PowerBuilder リーフレット(1.19MB)
Appeon PowerBuilder 2017 R3の主な機能および動作環境などが記載されたリーフレットです。
Appeon PowerBuilder/InfoMaker 価格表(703KB)
Appeon PowerBuilder 2017 R3および関連製品の価格表です。
Appeon社製品のご紹介(2.74MB)
PowerBuilderをはじめとしたAppeon製品に関して、Web / Mobile化も含めた製品の特徴と機能を紹介した資料です。

アジャイル開発に最適な業務アプリケーション向け統合開発環境

Appeon PowerBuilderは、Windows OSで動作するアプリケーションを開発・保守するための統合開発環境(IDE)である。直感的なインターフェースを備えた開発環境で迅速にアプリケーションを開発できるため、特にスモールスタートや環境変化への柔軟な対応が求められる業務アプリケーションの開発に適している。

<Web/モバイルアプリケーションにも利用可能>
同製品のUniversal Editionを使用すれば、PowerBuilderで開発したアプリケーションをWebまたはiOSやAndroidのモバイルアプリケーションとして利用することも可能。PowerBuilderの持つ生産性の高い開発を行いながらも、Webやモバイルデバイスでも利用できるアプリケーションを実現できる。

<PowerBuilderの特長>
●コントロール配置でアプリケーション画面を作成
ボタン、チェックボックス、ドロップダウンリストボックス、エディットコントロールなど、多数のUIコントロールが用意されている。これらをウィンドウオブジェクトに配置することで、簡単にアプリケーションを開発できる。

●「データウィンドウ」でデータベースの操作も容易
データウィンドウとは、データベースとアクセスを行うPowerBuilder特有のオブジェクトだ。これによって、マウス操作のみでデータ検索/更新時のSQL文を自動で生成して、データベースのデータをさまざまな様式で表現できる。

●継承機能でオブジェクトをスピーディに作成
継承機能を使用してウィンドウやユーザーオブジェクトを作成すると、継承元のスクリプトやプロパティ、コントロールを継承先に引き継ぐことができる。これにより、効率的な開発が可能であるほか、作成したアプリケーションの保守も容易になる。

アプリケーション開発ツール「Appeon PowerBuilder」
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント マルチデバイス、他アプリ連携、他システム連携
導入実績 1001社~
  • 特典
  • 無料トライアル

無料トライアルでUniversal Editionのすべての機能を30日間利用できます。
詳細はPowerBuilder Japan Portal (https://japan.appeon.com)でご確認ください。

仕様

メーカー Appeon
クライアント側OS Windows 7 SP1(32/64bit)/ 8.1 / 10(32/64bit)※開発環境および開発したアプリの実行環境
クライアント側対応プロセッサ Intel Core i3 以上
クライアント側必要メモリ容量 1 GB 以上
クライアント側必要ディスク容量 2 GB 以上(PowerBuilderの全コンポーネントインストール時)
その他特記事項 PowerBuilder Universal Editionには、開発・テストに利用できるPowerServer(PB Edition)が付属しています。
PowerServer(PB Edition)は、条件によりプロモーション利用も可能です。詳細はお問合せください。
クライアント側その他動作環境 iOS 10 / 11, Android 6.x / 7.0(32-bit) ※PowerServer(PB Edition)でモバイル化したアプリの実行環境
サーバ側OS Windows Server 2008 SP2(32/64bit)/ 2012 R2 / 2016 ※開発したアプリの実行環境
サーバ側対応プロセッサ Intel Core i3 以上
サーバ側必要メモリ容量 -
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 Microsoft IIS 7.5 / 8.0 / 10 ※PowerServer(PB Edition)利用時

価格情報

サブスクリプションライセンス(1年間)
・Standard Edition:16万円/開発者・年
・Cloud Edition:23万円/開発者・年
・Universal Edition:35万円/開発者・年
※税別

Appeon PowerBuilderはサブスクリプションライセンスで提供されます。サブスクリプション有効期間中は、PowerBuilder 2017以降のIDE利用、メンテナンスリリース(バグFix)の入手などが可能です。また、開発するターゲットによりエディションが異なりますので、詳しくはお問合せください。

掲載企業

日本コンピュータシステム株式会社
URL:https://japan.appeon.com

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

Appeon PowerBuilder製品紹介(1.59MB)
データウィンドウテクノロジーや継承機能など、「PowerBuilder」の特徴と機能を紹介した資料です。
Appeon PowerBuilder リーフレット(1.19MB)
Appeon PowerBuilder 2017 R3の主な機能および動作環境などが記載されたリーフレットです。
Appeon PowerBuilder/InfoMaker 価格表(703KB)
Appeon PowerBuilder 2017 R3および関連製品の価格表です。
Appeon社製品のご紹介(2.74MB)
PowerBuilderをはじめとしたAppeon製品に関して、Web / Mobile化も含めた製品の特徴と機能を紹介した資料です。