製品資料

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

Oracleワークロードのクラウド移行、俊敏性と柔軟性を損なわない実現方法とは?

Oracleのデータベースとアプリケーションのクラウド移行に関しては、俊敏性の制約やニーズに合わせたスケーリングなど、課題が尽きない。そこで注目したいのが、リスクを抑えながら、迅速かつ柔軟なクラウド移行を実現するサービスだ。

要約

Oracleワークロードのクラウド移行、俊敏性と柔軟性を損なわない実現方法とは?

 Oracleのデータベースとアプリケーションは、今や世界中の企業で利用されている。一方で、ワークロードのクラウド移行においては、俊敏性に生じる制約や、スケーリングなどの課題がある。加えて、ライセンス問題や複雑な移行プロセス、互換性への懸念なども指摘されており、不安を抱えるユーザーも少なくない。

 そこで注目したいのが、可用性と耐久性に優れたOracleのデータベースとアプリケーションを提供するクラウドサービスだ。VMware Cloud on AWSならリスクを抑えながら、迅速にクラウド移行することが可能で、ワークロードの設定/拡張/運用も容易になる。また、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)のバックアップやストレージ、アーカイブ機能を利用できるため、環境の最適化を図ることも可能だ。

 さらに、複数のアベイラビリティゾーン(AZ)およびAWSリージョンに展開でき、ニーズに合わせてオンデマンドで拡張できるため、数年先のプランを事前に策定する必要がなくなる点も魅力だ。本資料では、Oracleワークロードのクラウド移行でイノベーションとモダナイゼーションを実現する同サービスについて、導入効果などを分かりやすく紹介する。

アンケート