処理時間が2分の1に。高速かつ柔軟なデータ連携基盤を構築

ミルボン

処理時間が2分の1に。高速かつ柔軟なデータ連携基盤を構築

ミルボンでは、新たなEAIシステムを導入したことで、データ連携の処理時間を向上させたほか、改修・リプレースが行いやすい業務システム環境を構築することができた。

  • 業務効率化
  • 製造業
  • 経営部門・企画部門
処理時間が2分の1に。高速かつ柔軟なデータ連携基盤を構築

ミルボンでは、これまで使用していたデータ連携システムの処理時間が遅いこととシステムの監視を行えないことに課題を感じていた。そこで新たなEAIシステムを導入しデータ変換の速度を2分の1まで改善させたほか、システム間連携の部分をEAIが吸収することで、個々のシステムが改修を行いやすい業務システム環境を構築することができた。

事例資料をダウンロード

課題

 美容サロン用ヘア化粧品専門企業であるミルボンではこれまで使用していたデータ連携システムのモニタリングを行うことができず、データ変換の処理時間も逼迫していたことが課題だった。同社では工場移設のタイミングで新システムの導入が検討されたが、刷新後も個々のシステムの改修やリプレースを柔軟に行えるよう、EAIによるデータ連携の仕組みを残すと同時に、データ連携処理時間を短縮させるための仕組みが求められた。

解決方法

 システムは不変でなく一度開発されたものを長年使い続けることは難しいと考えるミルボンでは、個々のシステムが改修・リプレースを柔軟に行えるよう各システムから独立したEAIシステムの導入を決定。物流管理システム、生産管理システム、秤量管理システム、ERPなど各システムのメンテナンス性を高め新陳代謝を上げつつも、それぞれの連携性の実現を図った。販売系システム間の連携で実績があったことも導入の決め手となった。

効果

 新たなEAIシステムの導入によって、各システムは、互いのシステムでなく接続先のEAIだけを見て改修すれば済むようになり、リプレース時の容易さが高まった。また、パフォーマンスに優れ、大量のデータも高速に処理することができ、データ変換の処理時間は従来比で2分の1までに短縮された。また従来のデータ連携ツールではできなかった監視が可能になったことで、万一の障害時にも迅速に対応できる体制を構築することができた。

事例概要

企業規模 企業規模問わず
課題 業務効率化
業種 製造業
部署 経営部門・企画部門
地域 国内
導入年 -

提供企業・製品

導入製品名:Magic xpi

提供企業:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

URL:https://www.magicsoftware.com/ja/integration-platform/xpi/