企業内情報AI検索サービス『Arrow Search』

企業内情報AI検索サービス『Arrow Search』

企業内のさまざまなシステム上に散在している文書を横断的に検索できるサービス。IBM Watsonを活用し、キーワードだけでなく自然な話し言葉でも検索ができる。

  • スマホ対応
  • ファイル共有
  • ファイル検索
企業内情報AI検索サービス『Arrow Search』

企業内の各種サーバやDB、クラウドなどに散在する社内文書を横断検索できる。結果は関連度順に表示されるため、求める情報にたどり着きやすく、新たな気付きも得られる。
テレワーク導入時に増えがちな電話やメールによる問い合わせへの応対や、社内の各種フォーマットのマニュアルや資料を探す手間も学習させたAI検索によって省力化できる。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

Arrow Search活用のご提案(2.26MB)
Arrow Searchの概要、画面イメージや、使用されている技術、提供価格などについて総合的に紹介した資料です。製品について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
散在する各種マニュアルの検索にArrow Search(887KB)
社内マニュアルが各所に散在していても横断検索が可能。キーワードが分からなくてもあいまい検索ができ、結果は関連度順表示のため素早く目的の情報を探せます。
テレワーク中の総務部門向けの質問対応にArrow Search(874KB)
テレワーク中にも総務部門などに多く寄せられる質問。回答は社内に公開しているはず。それを質問者自身が容易に検索できるようにし、質問対応の工数を軽減します。
Arrow SearchでNotes検索をより快適に(684KB)
NotesDBの乱立によりNotesに蓄積された知見が活用できないままになっているケースにもArrow Searchが有効であることを紹介するリーフレットです。
Watson Discoveryを核に使い勝手や運用性を高めて社内文書を検索(658KB)
Arrow Searchの機能やシステム概要、開発の背景、導入効果の実例などを紹介した記事です。活用までのステップも分かりやすく解説。(c)IS magazine

IBM Watsonを活用、企業に散在する文書を自然な話し言葉で検索

Arrow Search(アロー・サーチ)は、ファイルサーバやDB、クラウドストレージ、Webサーバ、Notesなど、社内のシステムに散在する文書を、データの形式を問わず一度に横断検索が行えるサービスだ。

●AIを用いた自然言語検索

検索したい内容を自然な話し言葉で入力すれば、AI(人工知能)が検索の意図を解釈。キーワードを意識せずにあいまい検索ができる。
結果は関連度順に表示されるので、関連文書も同時に見つかり、一問一答にはない新たな気付きも得られる。検索結果から保管先の情報を直接開くことができる。
また、結果に対してフィードバック評価ができ、それを継続して学習させることで検索精度を高めていける。

●テレワーク時の社内の問い合わせ対応を省力化

テレワークの導入といった社内の大規模なシステム変更の際に従業員から寄せられる問い合わせは、同じような内容が重なることも多い。Arrow Searchなら従業員自身が容易に回答を探すことができるので、問い合わせの総数を減らすことができる。また質問者からの評価も分かるので情報拡充の参考になる。

●導入や運用の負荷を抑えられる

AIの初回学習時には、よくありそうな質問とその答えを49問以上入力するだけ。導入後も追加・更新文書を自動で探して検索対象に追加できる。

●SaaSで提供

各社専用環境をクラウド上に構築して提供するため、新しいサーバなどの設備が不要。VPNで接続すれば、自社環境からの接続以外を拒否できる。

●社内のマニュアルの横断検索が可能

目次や索引から目的にたどり着きにくいマニュアル類も横断検索。業界用語や社内用語もAIに学習させて、世間一般的な文面でなくても絞り込める。

●専門文書の検索が容易

専門用語の登録ができるため、技術文書や過去文献、特許情報、会議録といった社内や業界特有の文書や関連情報をまとめて検索可能。

企業内情報AI検索サービス『Arrow Search』
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 クラウド
保守サポート 無料サポート
サポートエリア 中部・北陸、全国
こだわりポイント スマホ対応、ファイル共有、ファイル検索
導入実績 ~10社
  • 特典
  • その他

1000文書から動作確認ができるPoC環境を約2カ月ご用意(同時期1社のみ対応可・設定費等一部有償)

仕様

サービス提供会社 シーアイエス(CIS)
動作環境 【動作確認済ブラウザ】
Internet Explorer 11
Microsoft Edge(最新版)
Google Chrome(最新版)
提供エリア 全国
オプションサービス ・Watsonトレーニング支援サービス
・文書データ変換支援サービス
・VPN設定サービス
・データクロール機能設定サービス
・HTTPS対応設定サービス
・アプリ機能UIカスタマイズサービス
・既存情報デジタル化サービス
その他サービス -
その他特記事項 ※オプションサービスや追加の支援は、導入企業の要件に応じて別途お見積もりとなります。

価格情報

お問い合わせください。

掲載企業

株式会社シーアイエス
URL:https://www.cisjp.com/solution/bx/#headline-1576039711

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

Arrow Search活用のご提案(2.26MB)
Arrow Searchの概要、画面イメージや、使用されている技術、提供価格などについて総合的に紹介した資料です。製品について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
散在する各種マニュアルの検索にArrow Search(887KB)
社内マニュアルが各所に散在していても横断検索が可能。キーワードが分からなくてもあいまい検索ができ、結果は関連度順表示のため素早く目的の情報を探せます。
テレワーク中の総務部門向けの質問対応にArrow Search(874KB)
テレワーク中にも総務部門などに多く寄せられる質問。回答は社内に公開しているはず。それを質問者自身が容易に検索できるようにし、質問対応の工数を軽減します。
Arrow SearchでNotes検索をより快適に(684KB)
NotesDBの乱立によりNotesに蓄積された知見が活用できないままになっているケースにもArrow Searchが有効であることを紹介するリーフレットです。
Watson Discoveryを核に使い勝手や運用性を高めて社内文書を検索(658KB)
Arrow Searchの機能やシステム概要、開発の背景、導入効果の実例などを紹介した記事です。活用までのステップも分かりやすく解説。(c)IS magazine