製品資料

キヤノンITソリューションズ株式会社

キヤノンITソリューションズ株式会社

駆付け不要を実現した地方型データセンターでBCP対策を実現

自然災害が頻発する現在の日本においてBCP対策は全ての企業の課題だ。対策の1つとして、遠隔地のデータセンターにDRサイトを構築する方法があるが、選定には考慮すべきことが多い。ここでは、あるタイヤメーカーの事例を紹介する。

要約

 自然災害による被害が深刻化する近年の日本の企業にとって、BCP対策は避けられない課題となっている。対策の方法はいろいろあるが、その1つとしては、遠隔地にDR(ディザスタリカバリ)サイトを構築し、システムの信頼性を高めるという手法が考えられる。

 しかし、DRサイト構築のためのデータセンター選定はメインサイトの選定条件とは大きく異なることがある。同時被災リスクを避けるためにはなるべくメインサイトから離れた立地にするべきだが、万が一の駆け付け対応も困難になり、現地のサポートを考慮しなければならない。海外のデータセンターを選定するには、専用線などの回線コストを考えなければならないケースもあるだろう。

 本資料では、あるタイヤメーカーが、被災リスクが少なくかつ現地SEによるサポートが充実したデータセンターにDRサイトを構築した事例を紹介している。回線を含めたトータルコストにおいてもリーズナブルな価格で利用でき、システムの信頼性を向上させている。

アンケート