サーババックアップソフト【Arcserve Backup】

サーババックアップソフト【Arcserve Backup】

多様なニーズに対応!実績のファイルベースバックアップソフト

クラウドの活用、データ重複排除、仮想環境のバックアップ/リストア、バックアップのスケジュール化、多彩なバックアップ/リカバリを簡単・高速に行うソフトウェア。
<おすすめユーザー> ・バックアップ運用の改善を検討中のシステム管理者
・物理、仮想、クラウド等のバックアップ運用を検討中の方

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

Arcserve Backup r16.5 製品カタログ(5.9MB)
Windows環境で市場No.1*のバックアップソフト。オプション・エージェント製品等、全て紹介。ニーズに合わせて必要な製品を理解できます。*出典:2013年度 ミック経済研究所
Arcserve Backup r16.5 製品紹介プレゼンテーション(1.3MB)
Windows Server 2012対応、主要なクラウドへの対応、バックアップの高速化など、新機能をご紹介。
構成別でまる分かり、簡単ライセンスガイド(5.4MB)
仮想化基盤では? データベースの場合には? 構成別にArcserve Backupの必要なライセンスを算出いただけます。
バックアップ スケジュールの考え方と設定手順(3.1MB)
バックアップ運用の自動化に不可欠な「スケジューリング」のサンプルと設定方法をステップバイステップでご紹介。貴社のバックアップスケジュールを見直してみませんか?
Arcserve Backup :バージョン別 機能一覧(161KB)
Arcserve Backup の最新バージョンと旧バージョンの機能を一覧でご紹介。
惨事復旧オプション(DRO) を利用したWindows Server 2012 の復旧(3.4MB)
Disaster Recovery Option(DRO)は、システムを迅速・簡単・確実に復旧させるArcserve Backup のオプション製品です。

多様なニーズに対応!実績のファイルベースバックアップソフト

Arcserve Backup r16.5は、Windows Server 2012/2012 R2も含め、従来からの高速バックアップ/リカバリ、テープやディスクバックアップ、そして容易な操作性に加え、バックアップ/リカバリに必要な機能が充実。特に仮想環境のバックアップは、物理環境と全く同じ操作で運用が可能。ユーザの様々なバックアップのニーズに応えるツール。

■ディスクを無駄なく活用「データ重複排除」機能
データ増加が急激に進む現状を踏まえ、ファイル単位ではなく、更に細分化されたデータ単位での重複排除を行える。

重複をファイル単位ではなく、「チャンク(塊)」単位で排除して、無駄のないバックアップ/リカバリを実現。バックアップデータ容量を削減でき、必要なストレージ容量も抑えられる。

■仮想環境も簡単バックアップ
VMware やHyper-V、Citrix XenServer などに対応し、仮想環境を高速・確実にバックアップ。ファイルモードとrawモード、そして混在モードでの柔軟なバックアップ/ リストアに対応。ソフトウェア展開用のデプロイメントツールを利用して仮想マシンへエージェント配布も行える。

■簡単設定でクラウドを活用
クラウドへのバックアップデータのコピーもウィザード形式(対話形式)で設定可能。ステップバイ ステップで手順が細かく確認できる。

■惨事復旧は最適なオプション利用で丸っと戻す
障害発生時に1秒でも早くシステムごと元に戻し、業務の継続性を確保するDisaster Recovery Option。
Win PEを使ってOS やアプリケーションを再インストールせずシステムを迅速に復旧。

■Arcserveシリーズ利用でBCP対策を
Arcserve ReplicationでReplicationしたデータをArcserve Backupでバックアップ。バックアップ ウィンドウを気にする必要なし。
また、Arcserve D2DでバックアップしたデータをArcserve Backupでテープ保管して災害対策。
シリーズ製品で使用するメリットを最大限に享受。

サーババックアップソフト【Arcserve Backup】
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

メーカー Arcserve Japan
クライアント側OS Windows XP / Windows 7 / Windows Vista / Windows 8
Windows 2003 / 2003 R2 / 2008 / Windows 2008 R2 / 2012 など
クライアント側対応プロセッサ Intel Xeon/Pentium/Celeron ファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサ
クライアント側必要メモリ容量 256MB 以上 (512MB 以上を推奨)
クライアント側必要ディスク容量 100MB以上
その他特記事項 動作要件の詳細はArcserve JapanのWebサイトでご確認下さい。
http://www.casupport.jp/resources/bab165win/sysreq.htm

無償トライアル版ダウンロードのお申し込みはこちらから。
https://www.arcserve.com/jp/free-backup-software-trials.aspx
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS Windows Server 2003 / 2003 R2 / 2008 / 2008 R2 /2012 / 2012 R2
Windows Storage Server 2003 R2 / 2008 R2 / 2012 / 2012 R2など
サーバ側対応プロセッサ 600MHz 以上(1GHz 以上を推奨)の Intel Xeon/Pentium/Celeron ファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサ
※ Windows 2008の場合 : 1GHz 以上
※ Windows 2012の場合 : 1.4GHz 以上
サーバ側必要メモリ容量 32bit (x86) の場合 : 512MB 以上 (1GB 以上を推奨)
64bit (x64) の場合 : 1GB 以上 (2GB 以上を推奨)
サーバ側必要ディスク容量 ・Windows 2008 の場合
 プライマリ/スタンドアロン サーバ : 2.4 GB 以上
 メンバ サーバ : 1.3GB 以上
・Windows 2012 の場合
 プライマリ/スタンドアロン サーバ : 2.9GB 以上
 メンバ サーバ : 1.4 GB 以上
サーバ側その他動作環境 -

価格情報

15万円〜(税別)

掲載企業

arcserve Japan合同会社
URL:http://www.arcserve.com/jp

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

Arcserve Backup r16.5 製品カタログ(5.9MB)
Windows環境で市場No.1*のバックアップソフト。オプション・エージェント製品等、全て紹介。ニーズに合わせて必要な製品を理解できます。*出典:2013年度 ミック経済研究所
Arcserve Backup r16.5 製品紹介プレゼンテーション(1.3MB)
Windows Server 2012対応、主要なクラウドへの対応、バックアップの高速化など、新機能をご紹介。
構成別でまる分かり、簡単ライセンスガイド(5.4MB)
仮想化基盤では? データベースの場合には? 構成別にArcserve Backupの必要なライセンスを算出いただけます。
バックアップ スケジュールの考え方と設定手順(3.1MB)
バックアップ運用の自動化に不可欠な「スケジューリング」のサンプルと設定方法をステップバイステップでご紹介。貴社のバックアップスケジュールを見直してみませんか?
Arcserve Backup :バージョン別 機能一覧(161KB)
Arcserve Backup の最新バージョンと旧バージョンの機能を一覧でご紹介。
惨事復旧オプション(DRO) を利用したWindows Server 2012 の復旧(3.4MB)
Disaster Recovery Option(DRO)は、システムを迅速・簡単・確実に復旧させるArcserve Backup のオプション製品です。