Webキャスト

Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)

Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)

Kubernetes環境にエンタープライズレベルのデータ保護を実装する方法

コンテナ技術は、アプリケーションのライフサイクルを加速する。だが、その代表的な運用自動化ツールであるKubernetesも、本番環境をはじめとするクリティカルな場面ではデータ保護に懸念があった。その改善策を動画で紹介する。

要約

 コンテナ化したアプリケーションの管理・スケーリングを効率化するKubernetesは、世界レベルで利用が広がっているが、本番環境となると課題もある。コンテナを容易に操作できる一方で、変更・削除などのミスを防ぐデータ保護・復旧の十分な仕組みがなかったからだ。

 この課題を受け、本番環境でも安心してKubernetesを利用できるようなデータ保護ソリューションも登場している。ネームスペースやパーシスタントボリューム(PVC)といったアセットに保護ポリシーを設定することで、バックアップやレプリケーションを自動化する。GUI化された管理画面で設定やジョブの確認ができるため、操作も簡単だ。

 本コンテンツは、このKubernetesのデータ保護ソリューションのデモ動画だ。環境や保護ポリシーの設定、リストアの手順などを分かりやすく解説している。世代管理にも対応しており、エンタープライズレベルのデータ保護を実現するという。

※こちらの動画の音声はありません。

アンケート