レポート

Splunk Services Japan

Splunk Services Japan

7カ国の調査で判明、「ダークデータ」の活用に必要な4つのやるべきこと

社内で認識もされず放置されている「ダークデータ」の活用は、企業の成功に大きな意味を持つ。そのデータの有用性を理解しつつも、スキル不足や技術的課題に真剣に向き合っている企業は少ない。7カ国での調査からその理由と解決策を探る。

要約

 最新のグローバル調査によると、企業が所有するデータの55%が定量化も活用もされず放置されているという。こうした「ダークデータ」は意思決定において重要な役割を果たす。さらに、社内のあらゆるデータは人工知能(AI)の大きな原動力となるため、活用できない企業は今後の競争に確実に取り残される。

 実は企業のITリーダーの多くは、このダークデータの有用性を既に理解している。ところが、ツールやスキルを持つ人材の不足、システムのサイロ化や上司の関心の欠如といった、技術的/組織的な課題に真剣に向き合っている企業は少ない。特にデータスキルの重要性は今後さらに高まるとみられており、企業には人材の採用や学習を含め、データ中心の組織づくりが求められていくだろう。

 例えば本調査において、日本の38%の回答者が、技術的なデータスキルとビジネス視点でのデータ活用が高いと自己評価したマネジャーはごくわずかだった。このような調査結果を基に、ダークデータの現状やAIが持つ可能性をレポートとしてまとめ、企業が行うべき4つの項目を提案している。「データ主導型」を単なるスローガンに終わらせないために、ぜひ一読してほしい。

アンケート